ホーム > 企業倒産関連記事 > データを読む > 2022年 > 国内海運大手3社 最終益2兆円超の最高益、コンテナ船の歴史的な好市況で

国内海運大手3社 最終益2兆円超の最高益、コンテナ船の歴史的な好市況で

  • RSS
  • お気に入りに登録する

公開日付:2022.05.09

 北米や欧州の旺盛なコンテナ需要に支えられ、日本郵船、商船三井、川崎汽船の国内海運大手3社がそろって過去最高益を更新した。3社合計の2022年3月期連結の最終利益は、2兆3603億円を計上。前期の3379億円から約7倍の大幅な増益で、3社が共同出資するコンテナ船事業が利益を押し上げた。

 4月28日に商船三井、5月9日に日本郵船と川崎汽船が決算を発表し、3社の決算が出揃った。3社が出資するコンテナ船事業の「オーシャン・ネットワーク・エクスプレス(ONE)」がコンテナ船需給の逼迫で短期運賃市況が高止まりし、ONE社の2022年3月期の税引後損益は16756百万USドル(1ドル130円換算で2兆1782億円)を計上。3社は、出資に応じた投資利益を計上したことが大きかった。

 大幅な増益で、3社ともに増配を発表。日本郵船の2022年3月期の年間配当金は1株当たり1450円(2021年3月期200円)で、配当金総額は2458億4500万円(同339億1100万円)。商船三井の年間配当金は1200円(同150円)で、配当金総額は1442億4000万円(同179億4300万円)。川崎汽船の年間配当金は追加配当含めて600円(同0円)、配当金総額は562億4400万円(同0円)で、3社の年間配当金の総額は4463億2900万円(同518億5400万円)に達する。

 2023年3月期は、3社とも減益を見込んでいる。コンテナ船の需給緩和の可能性やロシア・ウクライナ情勢などで、3社の最終利益計は1兆6800億円(前期比28.8%減)と減益を予想。ただ、堅調な荷動きが当面続く見通しで、高水準の利益を確保しそうだ。

海運

‌2兆円を超える最終益を計上した国内海運大手3社
最新記事・倒産状況に関するお問い合わせ
フォームからお問い合わせ

お問い合わせはこちら

電話・FAXでのお問い合わせ

株式会社東京商工リサーチ 情報部
03-6910-3155

最寄りのTSR支社店へお問い合わせください
支社店一覧
このページを見ている人はこんなページも見ています

重要な経済指標である倒産をベースに国内経済を把握できます。
倒産月報・企業倒産白書

倒産情報や債権者リストなど経営判断に欠かせない情報誌です。
TSR情報誌(倒産情報誌)

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
インターネット企業情報サービス(tsr-van2)

1日2回、最新の倒産情報をメールいたします。
TSR express(TSR情報Web) -倒産情報配信サービス-

負債総額30億円以下の情報も収録!! TSR情報を2週間無料で試読いただけます。※地域によっては最大1ヵ月 お申し込みはこちら

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ