ホーム > 最新記事 > データを読む > 2020年 > 米「ブルックスブラザーズ」破たん、日本国内の店舗政策・商品供給は「変わらず」

米「ブルックスブラザーズ」破たん、日本国内の店舗政策・商品供給は「変わらず」

  • RSS
  • お気に入りに登録する

公開日付:2020.07.09

 7月8日、米国の老舗ブランド「ブルックスブラザーズ」を運営するブルックスブラザーズグループインク(ブルックスGI、アメリカ)が日本の民事再生法に当たる連邦破産法第11条(チャプター11)を申請した。
  ブランドの日本での運営を手掛ける(株)ダイドーリミテッド(TSR企業コード:291068103、東証1部、以下ダイドーLTD)は9日、東京商工リサーチ(TSR)の取材に対し、「店舗、商品供給ともに通常通り」との方針を示した。今回の米国法人のチャプター11申請に伴う国内店舗の閉鎖等は一切ないという。

ブルックスブラザーズの外国法人は「何度か変わっている」

 ブルックスブラザーズの国内店舗は、ブルックスGIとダイドーLTDの合弁会社である(株)ブルックスブラザーズジャパン(TSR企業コード:291730507、品川区、ブルックスJ)が運営している。ダイドーLTDによると、40年以上に渡り、国内のブルックスブラザーズの直営店の運営はブルックスJが手掛けている。
 これまでもブルックスJの運営について、合弁相手となる企業は「何度か変わっている」(ダイドーLTD担当者)とし、「今回も合弁相手が変わる程度の認識」としている。
 現在の合弁相手のブルックスGIは、2000年初頭に米国の小売企業が英国法人から事業を買収した。2010年前後に現在のブルックスGIへ商号を変更。ダイドーLTDの担当者は、「グループブランド内で一番知名度が高いのがブルックスブラザーズのため、(商号を)変更したようだ」と話す。

商品の供給体制に「変更なし」

 日本国内で流通する商品は、スーツ、スラックス等をダイドーLTDが、シャツなどのカジュアルウェアはブルックスGIを通じて供給しているが、「米国法人の商品供給について、現地担当者から変更はないと確認している」(担当者)という。

最新記事・倒産状況に関するお問い合わせ
フォームからお問い合わせ

お問い合わせはこちら

電話・FAXでのお問い合わせ

株式会社東京商工リサーチ 情報部
03-6910-3155

最寄りのTSR支社店へお問い合わせください
支社店一覧
このページを見ている人はこんなページも見ています

重要な経済指標である倒産をベースに国内経済を把握できます。
倒産月報・企業倒産白書

倒産情報や債権者リストなど経営判断に欠かせない情報誌です。
TSR情報誌(倒産情報誌)

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
tsr-van2(インターネット企業情報サービス)

1日2回、最新の倒産情報をメールいたします。
TSR express(TSR情報Web) -倒産情報配信サービス-

負債総額30億円以下の情報も収録!! TSR情報を2週間無料で試読いただけます。※地域によっては最大1ヵ月 お申し込みはこちら

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ