ホーム > 最新記事 > データを読む > 2021年 > JAL2期連続赤字へ 最終赤字は1460億円の見通し

JAL2期連続赤字へ 最終赤字は1460億円の見通し

  • RSS
  • お気に入りに登録する

公開日付:2021.11.02

前期から赤字額は半減に

 

 旅客需要の回復が遅れている日本航空(株)(TSR企業コード:291141005、東京都品川区、東証1部)は、2022年3月期の連結最終利益が1460億円の赤字となりそうだと発表した。赤字となれば2期連続。ANAホールディングス(株)(TSR企業コード:290096677、東京都港区、東証1部)も同期の最終利益は1000億円の赤字予想で、旅行や出張など旅客需要の回復が鈍く、航空業界は新型コロナの影響が長引いている。
 11月2日に公表した2022年3月期(連結、IFRS)の業績予想は、売上高(売上収益)7660億円(前期比59.2%増)と急速な国内旅客の回復と好調な国際貨物が寄与する見通しだが、コロナ禍前と比べると依然として厳しい環境が続く。最終利益1460億円の赤字(前期2866億9300万円の赤字)と過去最大の赤字だった前期から約1406億円赤字幅が縮小する計画。固定費の削減効果が出てきた。
 同時に発表した2021年4-9月中間(連結)は、売上高2906億4700万円(前年同期比49.2%増)、最終利益1049億7600万円の赤字(前年同期1612億2600万円の赤字)だった。国際貨物が好調だったが、旅客数は4-9月でコロナ前の2019年同期と比べ国際線が7%、国内線も3割の水準にとどまった。


最新記事・倒産状況に関するお問い合わせ
フォームからお問い合わせ

お問い合わせはこちら

電話・FAXでのお問い合わせ

株式会社東京商工リサーチ 情報部
03-6910-3155

最寄りのTSR支社店へお問い合わせください
支社店一覧
このページを見ている人はこんなページも見ています

重要な経済指標である倒産をベースに国内経済を把握できます。
倒産月報・企業倒産白書

倒産情報や債権者リストなど経営判断に欠かせない情報誌です。
TSR情報誌(倒産情報誌)

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
インターネット企業情報サービス(tsr-van2)

1日2回、最新の倒産情報をメールいたします。
TSR express(TSR情報Web) -倒産情報配信サービス-

負債総額30億円以下の情報も収録!! TSR情報を2週間無料で試読いただけます。※地域によっては最大1ヵ月 お申し込みはこちら

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ