ホーム > 最新記事 > データを読む > 2021年 > ヴィア・ホールディングスが事業再生ADR=「やきとりの扇屋」など運営

ヴィア・ホールディングスが事業再生ADR=「やきとりの扇屋」など運営

  • RSS
  • お気に入りに登録する

公開日付:2021.02.16

 東証1部上場で、焼き鳥居酒屋「やきとりの扇屋」、カフェ「パステル」などの外食事業を手掛ける(株)ヴィア・ホールディングス(TSR企業コード:290001692、以下ヴィアHD)は2月15日、事業再生ADRを活用して再生に取り組んでいることを明らかにした。

 申請は2020年12月10日付。事業再生実務者協会へ事業再生ADRを申請し受理され、同日付で取引金融機関に借入金の残高維持を求める一時停止の通知書を送付した。
 12月24日に第1回債権者会議を実施し、一時停止期間を2021年4月20日開催予定の事業再生計画案の決議までとすることを金融機関より同意を受けている。また、今後の資金繰りに備え、メインバンクのりそな銀行から9億7000万円の融資枠を確保していることも公表した。

 ヴィアHDは新型コロナ感染拡大の影響を受けて業績が大幅にダウン。2021年3月期第3四半期決算の連結売上高は、前年同期比49.2%減の96億8500万円にとどまった。店舗の減損などの特別損失を計上したことで最終赤字は38億8900万円に膨らみ、同期末時点で26億7300万円の債務超過に転落した。
 事業再生ADRは金融機関のみを対象とし、仕入先など一般取引先への影響はない。

 ヴィアHDは東京商工リサーチの取材に対し、「ADR手続自体はもともと公表する義務はないと捉えていたが今回、公表が適切と判断したためこのタイミングとなった。対象となる債権額や金融機関、具体的な再建案などについては現時点ではリリース以上の内容を公表できない」とコメントした。
 なお、2020年12月末時点のヴィアHDの連結決算上の借入金総額は82億7600万円(短期借入金8億円、一年内返済予定の長期借入金74億7600万円)。リリースによると、経営改善に向けたグループの自助努力に加え、債務超過を解消するための資本増強を伴う財務体質改善策の具体的な検討を行っている。

ヴィアHD


(東京商工リサーチ発行「TSR情報全国版」2021年2月17日号掲載予定「WeeklyTopics」を再編集)

最新記事・倒産状況に関するお問い合わせ
フォームからお問い合わせ

お問い合わせはこちら

電話・FAXでのお問い合わせ

株式会社東京商工リサーチ 情報部
03-6910-3155

最寄りのTSR支社店へお問い合わせください
支社店一覧
このページを見ている人はこんなページも見ています

重要な経済指標である倒産をベースに国内経済を把握できます。
倒産月報・企業倒産白書

倒産情報や債権者リストなど経営判断に欠かせない情報誌です。
TSR情報誌(倒産情報誌)

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
インターネット企業情報サービス(tsr-van2)

1日2回、最新の倒産情報をメールいたします。
TSR express(TSR情報Web) -倒産情報配信サービス-

負債総額30億円以下の情報も収録!! TSR情報を2週間無料で試読いただけます。※地域によっては最大1ヵ月 お申し込みはこちら

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ