ホーム > 最新記事 > データを読む > 2020年 > 「早期・希望退職」募集35社、昨年1年に並ぶ

「早期・希望退職」募集35社、昨年1年に並ぶ

  • RSS
  • お気に入りに登録する

公開日付:2020.06.09

 6月9日までに上場企業の「早期・希望退職」の募集が35社に達し、2019年1年間(35社)に並んだ。6月9日までに35社を超えたのは、2010年以来、10年ぶり。2010年は最終的に85社が募集を公表した。
 35社の募集人数は、判明分で合計6417人。人数が最も多いのは、(株)レオパレス21(TSR企業コード:291293581、東証1部)の1000人。次いで、(株)ファミリーマート(TSR企業コード:291787630、東証・名証1部)の800人(応募人数1025人)、(株)ノーリツの600人(TSR企業コード: 660039770、同789人)の順
業種別では、昨年10月の消費増税、暖冬、新型コロナウイルスの三重苦に見舞われたアパレル関連が、オンワード350人、レナウン300人、片倉工業100人など5社(募集人員合計770人)で最多。
 次いで、百貨店・コンビニ等の小売業(同1060人)と輸送用機器(同850人)が各4社、電気機器(同140人)と精密機器(同220人)、旅行業・広告業などサービス業(同200人)が各3社で並んだ。

 2019年の「早期・希望退職」募集は、業績堅調な業界大手が将来の市場環境を見すえた “先行型”の実施が目立った。2020年は年初まで先行型の募集が多かったものの、2月中旬以降は再び赤字企業の“従来型”募集が集中している。
 2019年6月までに「早期・希望退職」募集を実施した17社のうち、直近決算の赤字は5社で、全体の29.4%と3割を切っていた。2020年6月までに実施した35社のうち、赤字企業(17社)は48.5%と半数に達する。
 例年、下半期にかけて業績不振の企業が「早期・希望退職」を募集する傾向が強い。2020年はこうした傾向に加え、新型コロナの影響が長引くことも懸念される。アパレル関連や小売など個人消費関連の業種、海外需要が低迷している製造業などを中心に、今後の展開が注目される。

早期希望退職昨年に並ぶ0609

‌早期・希望退職の推移(TSR作成)


最新記事・倒産状況に関するお問い合わせ
フォームからお問い合わせ

お問い合わせはこちら

電話・FAXでのお問い合わせ

株式会社東京商工リサーチ 情報部
03-6910-3155

最寄りのTSR支社店へお問い合わせください
支社店一覧
このページを見ている人はこんなページも見ています

重要な経済指標である倒産をベースに国内経済を把握できます。
倒産月報・企業倒産白書

倒産情報や債権者リストなど経営判断に欠かせない情報誌です。
TSR情報誌(倒産情報誌)

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
tsr-van2(インターネット企業情報サービス)

1日2回、最新の倒産情報をメールいたします。
TSR express(TSR情報Web) -倒産情報配信サービス-

負債総額30億円以下の情報も収録!! TSR情報を2週間無料で試読いただけます。※地域によっては最大1ヵ月 お申し込みはこちら

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ