ホーム > 最新記事 > データを読む > 2021年 > 海運大手3社が急回復、4-6月期の純利益が3410億円の増益

海運大手3社が急回復、4-6月期の純利益が3410億円の増益

  • RSS
  • お気に入りに登録する

公開日付:2021.08.04

コンテナ事業への投資利益が良化

 

 資源、製鉄、自動車メーカーの旺盛な海運需要で海運大手3社の2021年4-6月期(連結、第1四半期)の純利益が3572億2700万円と、前年同期から3410億700万円の大幅増益となった。また、2022年3月期(連結)の業績予想も3社そろって売上高、利益ともに上方修正した。

 8月4日、海運大手3社の2021年4-6月期連結決算が出そろった。日本郵船(株)(千代田区、東証1部)は、売上高が5046億1100万円(前年同期39.7%増)、純利益が1510億9300万円(前年同期116億8400万円)。(株)商船三井(東京都港区、東証1部)は、売上高2888億7400万円(前年同期14.9%増)、純利益1041億4700万円(前年同期54億9100万円)。川崎汽船(株)(千代田区、東証1部)は、売上高1747億4300万円(14.8%増)、純利益1019億8700万円(前年同期9億5500万円の赤字)と大幅な増益だった。
 新型コロナウイルスの影響を受けた前年同期から一転、世界的な経済活動の回復で、資源、穀物輸送のドライバルク事業が好調だったほか、自動車輸送の回復から業績が大幅改善。さらに、海運大手3社のコンテナ船事業が統合されたオーシャンネットワークエクスプレスジャパン(株)(TSR企業コード:025187155、東京都港区、以下ONE)の損益改善も寄与し、3社とも800億円を超える投資利益の計上で純利益を押し上げた。
 また、2022年3月期決算(連結)の業績予想の純利益は、日本郵船が5000億円(259.1%増)、商船三井は3350億円(272.0%増)、川崎汽船は2650億円(143.8%増)に上方修正した。いずれも好調なドライバルク船市況とONEの旺盛な輸送需要を加味し、業績伸長を見込んでいる。

 2020年は新型コロナにより経済が停滞したが、2021年はコロナ禍が続くなか、海運大手がいち早く業績が回復している。


海運3社の業績

‌                           

最新記事・倒産状況に関するお問い合わせ
フォームからお問い合わせ

お問い合わせはこちら

電話・FAXでのお問い合わせ

株式会社東京商工リサーチ 情報部
03-6910-3155

最寄りのTSR支社店へお問い合わせください
支社店一覧
このページを見ている人はこんなページも見ています

重要な経済指標である倒産をベースに国内経済を把握できます。
倒産月報・企業倒産白書

倒産情報や債権者リストなど経営判断に欠かせない情報誌です。
TSR情報誌(倒産情報誌)

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
インターネット企業情報サービス(tsr-van2)

1日2回、最新の倒産情報をメールいたします。
TSR express(TSR情報Web) -倒産情報配信サービス-

負債総額30億円以下の情報も収録!! TSR情報を2週間無料で試読いただけます。※地域によっては最大1ヵ月 お申し込みはこちら

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ