ホーム > 最新記事 > データを読む > 2021年 > 詐欺容疑で家宅捜索を受けていた(株)テクノシステム(横浜市)が法的清算へ

詐欺容疑で家宅捜索を受けていた(株)テクノシステム(横浜市)が法的清算へ

  • RSS
  • お気に入りに登録する

公開日付:2021.05.17

民事再生または破産を視野に

 ソーシャルレンディングの融資トラブルが表面化したほか、東京地検から家宅捜索を受けていた(株)テクノシステム(TSR企業コード:352551062、法人番号:4020001083435、横浜市西区)が5月17日、都内でバンクミーティングを開催し、会社関係者が法的清算を視野に入れていることを明らかにした。6月上旬を目標に東京地裁に民事再生法の適用または破産を検討しているという。
 テクノシステムは、再生可能エネルギー事業へ参入したことで事業を急拡大し、2019年11月期には売上高161億3913万円をあげていた。  しかし、一部資金を調達していたSBIソーシャルレンディング(株)(TSR企業コード:297322095)が今年2月、貸付先の事業運営に重大な懸案事項が生じたと発表。貸付先である当社との間でトラブルが表面化していた。
 また4月には別の融資を巡って、金融機関に虚偽の書類を提出して約4億円を詐取した疑いで、当社と関係先が東京地検特捜部から家宅捜索を受けていた。  一連の経緯により事業を大幅に縮小し、動向が注目されるなかで、バンクミーティングを開催した。バンクミーティングには、会場やオンラインで約30行が参加し、テクノシステムの資金繰りや今後の法的処理について代理人弁護士やテクノシステムの役員が説明したとみられる。
 バンクミーティング開催後には、代理人弁護士が取材に応じ、テクノシステムは「意図的に融資のために悪質な行為を行った認識はない」と説明。今後の方針は、「法的処理で、民事再生もしくは破産となる。6月上旬を(申請の)目標にしたい」と会社側が初めて法的清算を検討していることを明らかにした。
 代理人弁護士によると、負債総額は約150億円で、このうち金融債務が約90億円を占める。

最新記事・倒産状況に関するお問い合わせ
フォームからお問い合わせ

お問い合わせはこちら

電話・FAXでのお問い合わせ

株式会社東京商工リサーチ 情報部
03-6910-3155

最寄りのTSR支社店へお問い合わせください
支社店一覧
このページを見ている人はこんなページも見ています

重要な経済指標である倒産をベースに国内経済を把握できます。
倒産月報・企業倒産白書

倒産情報や債権者リストなど経営判断に欠かせない情報誌です。
TSR情報誌(倒産情報誌)

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
インターネット企業情報サービス(tsr-van2)

1日2回、最新の倒産情報をメールいたします。
TSR express(TSR情報Web) -倒産情報配信サービス-

負債総額30億円以下の情報も収録!! TSR情報を2週間無料で試読いただけます。※地域によっては最大1ヵ月 お申し込みはこちら

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ