ホーム > 最新記事 > データを読む > 2021年 > 帝国ホテル 1961年の上場来、初の営業赤字に転落 京都に新規ホテル建設も発表

帝国ホテル 1961年の上場来、初の営業赤字に転落 京都に新規ホテル建設も発表

  • RSS
  • お気に入りに登録する

公開日付:2021.05.12

 

 新型コロナの影響が直撃し、大手ホテル会社の業績が悪化している。(株)帝国ホテル(TSR企業コード: 291097006、千代田区、東証2部)が5月12日、2021年3月期(連結)の営業利益が117億1000万円の赤字だったと発表した。新型コロナによる外国人やビジネス利用の落ち込みが影響した。営業利益が赤字に転落したのは1961年の上場後、初めて。
 新型コロナの直接的な影響を受けた。インバウンド需要が消失し、外出やイベントなどの自粛により、2021年3月期(連結)の売上高は前期比59.6%減の220億5100万円と急減した。コスト削減を進めたが、売上減が響き、営業利益は117億1000万円の赤字(前期31億6000万円の黒字)と赤字へ転落した。また、帝国ホテル大阪の減損や帝国ホテル東京の建て替え関連損失など特別損失を計上し、当期利益は143億6300万円の赤字(同24億400万円の黒字)と2001年3月期以来、20年ぶりの最終赤字だった。
 帝国ホテルは21年3月、帝国ホテル東京の本館やタワー館を、三井不動産(株)(TSR企業コード:291023142)と共同で建て替える計画を発表している。また、5月12日に京都市東山区に地上7階建ての新規ホテル建設も発表した。総事業費は約110億円を見込み、開業時期は2026年春を予定している。


最新記事・倒産状況に関するお問い合わせ
フォームからお問い合わせ

お問い合わせはこちら

電話・FAXでのお問い合わせ

株式会社東京商工リサーチ 情報部
03-6910-3155

最寄りのTSR支社店へお問い合わせください
支社店一覧
このページを見ている人はこんなページも見ています

重要な経済指標である倒産をベースに国内経済を把握できます。
倒産月報・企業倒産白書

倒産情報や債権者リストなど経営判断に欠かせない情報誌です。
TSR情報誌(倒産情報誌)

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
インターネット企業情報サービス(tsr-van2)

1日2回、最新の倒産情報をメールいたします。
TSR express(TSR情報Web) -倒産情報配信サービス-

負債総額30億円以下の情報も収録!! TSR情報を2週間無料で試読いただけます。※地域によっては最大1ヵ月 お申し込みはこちら

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ