ホーム > 最新記事 > データを読む > 2021年 > 2021年2月期決算、16社が「GC注記・重要事象」を記載

2021年2月期決算、16社が「GC注記・重要事象」を記載

  • RSS
  • お気に入りに登録する

公開日付:2021.05.07

 2021年2月期決算の上場企業のうち、決算短信に「継続企業の前提に関する注記(GC注記)」、「継続企業に関する重要事象」を記載した企業は16社だった。


 レストランなどを展開する(株)ワイズテーブルコーポレーション(東京都港区、東証2部)の2021年2月期決算(連結)は、売上高が前期比4割減に落ち込み、最終赤字15億200万円を計上、9億7,800万円の債務超過となった。コロナ対策で店舗の臨時休業や営業時間短縮、酒類の提供制限を行ったことで売上高が大きく減少。取引先への支払猶予や固定費の減額、雇用調整助成金等の活用、税金等の納付猶予制度の利用、借入金の返済リスケなどを実施して注記解消に取り組む。

 居酒屋などを展開する(株)DDホールディングス(東京都港区、東証1部、以下DDHD)の同期決算(連結)は、売上高が前期比6割減、最終赤字は85億700万円となり、3億100万円の債務超過に転落。「継続企業の前提に関する重要事象」を記載した。
 また、DDHDの連結子会社(持株比率42.9%)で、カフェ事業などを手掛ける(株)エスエルディー(東京都港区、ジャスダック)も同期決算(非連結)で、売上高が前期比5割減、最終赤字7億4,000万円を計上、3億3,200万円の債務超過に転落し、「継続企業の前提に関する重要事象」を記載した。

 新型コロナの影響を要因とした企業は16社中9社にのぼる。今期に入っても3度目の緊急事態宣言などの厳しい事業環境が続くなかで、飲食や小売などの消費関連業を中心に業績悪化が目立っている。

(東京商工リサーチ発行「TSR情報全国版」2021年5月10日号に「GC注記・重要事象」記載企業16社を掲載予定)

最新記事・倒産状況に関するお問い合わせ
フォームからお問い合わせ

お問い合わせはこちら

電話・FAXでのお問い合わせ

株式会社東京商工リサーチ 情報部
03-6910-3155

最寄りのTSR支社店へお問い合わせください
支社店一覧
このページを見ている人はこんなページも見ています

重要な経済指標である倒産をベースに国内経済を把握できます。
倒産月報・企業倒産白書

倒産情報や債権者リストなど経営判断に欠かせない情報誌です。
TSR情報誌(倒産情報誌)

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
インターネット企業情報サービス(tsr-van2)

1日2回、最新の倒産情報をメールいたします。
TSR express(TSR情報Web) -倒産情報配信サービス-

負債総額30億円以下の情報も収録!! TSR情報を2週間無料で試読いただけます。※地域によっては最大1ヵ月 お申し込みはこちら

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ