ホーム > 最新記事 > データを読む > 2021年 > 「PCRなど遺伝子検査」 関連企業調査

「PCRなど遺伝子検査」 関連企業調査

  • RSS
  • お気に入りに登録する

公開日付:2021.04.30

 新型コロナウイルスの感染拡大で検査を希望する人が増え、民間企業を中心にPCRなど遺伝子検査関連企業(以下、検査関連会社)が急増している。東京商工リサーチ(TSR)の保有する企業データベース(約390万社)で、「PCR検査」「抗原検査」「遺伝子検査」などを展開する検査関連会社は、2021年3月末現在で138社。1年前と比べ56社(68.2%増)増えたことがわかった。
 厚生労働省によると、2021年4月25日現在、PCR検査実施人数は延べ1,082万人に達し、PCR検査の約6割(構成比58.1%、同月22日現在の累計)は民間検査会社が担っている。
 コロナ禍前の検査関連会社は、医療や健康などの遺伝子検査会社が中心で、2020年3月まで「PCR検査」の企業情報は確認されなかった。ところが、感染拡大後、「PCR検査」は2020年9月に8社、21年3月には21社へ急増した。検査関連会社138社のうち、2020年以降の設立は30社(構成比21.7%)で、全体の2割がコロナ禍で新設されている。
 コロナ感染を心配する人が増えるにつれ、ノウハウの乏しい企業による検査や高齢者にPCR検査が安くできることを謳った手紙が届くなど、消費者トラブルも懸念されている。厚生労働省は、自費検査を提供する検査機関を公表している。
 大型連休(GW)を前に3度目の緊急事態宣言が発令され、感染拡大防止でも検査関連会社の重要性が増している。コロナ禍の収束まで、しばらく検査関連会社の新規参入は続くとみられる。

  • 本調査は、東京商工リサーチの企業データベース(対象約390万社)から、営業種目や業績変動要因(主要分)に「PCR検査」「抗原検査」「抗体検査」「核酸検査」「遺伝子検査」などの記載がある会社を抽出、分析した。

 検査関連会社は、2020年3月まで約80社で推移していた。大半が医療やダイエット、臨床分析など「遺伝子検査」や「DNA検査」が中心だった。
 だが、コロナ禍の2020年9月には101社に急増し、2021年3月は138社に達した。増えた会社は、「PCR検査」や「抗原・抗体検査」などが目立つ。
 21年3月の検査関連会社138社の設立年をみると、2000年以前は20社(構成比14.4%)に過ぎない。一方で、2020年は20社(同14.4%)、21年も3カ月で10社(同7.2%)設立され、有力市場を狙い新規参入が後を絶たないことがわかる。

PCR

最新記事・倒産状況に関するお問い合わせ
フォームからお問い合わせ

お問い合わせはこちら

電話・FAXでのお問い合わせ

株式会社東京商工リサーチ 情報部
03-6910-3155

最寄りのTSR支社店へお問い合わせください
支社店一覧
このページを見ている人はこんなページも見ています

重要な経済指標である倒産をベースに国内経済を把握できます。
倒産月報・企業倒産白書

倒産情報や債権者リストなど経営判断に欠かせない情報誌です。
TSR情報誌(倒産情報誌)

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
tsr-van2(インターネット企業情報サービス)

1日2回、最新の倒産情報をメールいたします。
TSR express(TSR情報Web) -倒産情報配信サービス-

負債総額30億円以下の情報も収録!! TSR情報を2週間無料で試読いただけます。※地域によっては最大1ヵ月 お申し込みはこちら

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ