ホーム > 最新記事 > データを読む > 2020年 > 2020年1-10月「休廃業・解散企業」動向調査(速報値)

2020年1-10月「休廃業・解散企業」動向調査(速報値)

  • RSS
  • お気に入りに登録する

公開日付:2020.11.26

 2020年1-10月に全国で休廃業・解散した企業は4万3,802件(前年同期比21.5%増、速報値)で、2019年の年間件数(4万3,348件)を超えた。2000年に調査を開始以降、最多だった2018年(4万6,724件)を大幅に上回るペースで推移している。
 新型コロナ感染拡大で政府や自治体は相次いで資金繰り支援を打ち出し、2020年1-10月の企業倒産は6,646件(前年同期比4.4%減)と抑制されている。資金繰り破たんの回避に重きを置いた支援策は相応の効果を示すが、企業の持続可能性には別途、経営改善や事業再生、事業転換などの本業支援が欠かせない。また、代表者が高齢で後継者のいない企業を中心に、今後も休廃業・解散の増勢が見込まれる。それだけにサプライチェーン維持だけでなく、代表者や従業員の雇用の受け皿、その後の生活に配慮した廃業支援が急がれる。

  • 東京商工リサーチが保有する企業データベースから、「休廃業・解散」が判明した企業を抽出した。「休廃業・解散」は、倒産(法的整理、私的整理)以外で、事業活動を停止した企業と定義した。
    2019年(年間)「休廃業・解散企業」動向調査は、2020年1月22日発表。

休廃業

サービス業他が3割を占める

 2020年1-10月に休廃業・解散した4万3,802件を産業別でみると、最多はサービス業他の1万3,655件(構成比31.2%)だった。以下、建設業が7,452件、小売業が5,474件、製造業4,793件など。
 産業を細分化した業種別では、飲食店が1,489件(前年同期比9.5%増)、飲食料品小売業が1,256件(同8.4%増)でともに1,000件を超えた。また、アパレルや介護、娯楽関係の業種も軒並み増加した。

休廃業

最新記事・倒産状況に関するお問い合わせ
フォームからお問い合わせ

お問い合わせはこちら

電話・FAXでのお問い合わせ

株式会社東京商工リサーチ 情報部
03-6910-3155

最寄りのTSR支社店へお問い合わせください
支社店一覧
このページを見ている人はこんなページも見ています

重要な経済指標である倒産をベースに国内経済を把握できます。
倒産月報・企業倒産白書

倒産情報や債権者リストなど経営判断に欠かせない情報誌です。
TSR情報誌(倒産情報誌)

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
インターネット企業情報サービス(tsr-van2)

1日2回、最新の倒産情報をメールいたします。
TSR express(TSR情報Web) -倒産情報配信サービス-

負債総額30億円以下の情報も収録!! TSR情報を2週間無料で試読いただけます。※地域によっては最大1ヵ月 お申し込みはこちら

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ