ホーム > 最新記事 > データを読む > 2020年 > 家庭用ミシンの販売が好調、マスク作りから趣味まで

家庭用ミシンの販売が好調、マスク作りから趣味まで

  • RSS
  • お気に入りに登録する

公開日付:2020.11.24

 

 「新型コロナウイルス」感染拡大によるアパレル不振で、工業用ミシンの販売が苦戦している。一方で、外出自粛や在宅勤務などで家にいる時間が増え、家庭用ミシンの販売が好調だ。特に、入門向けや普及機が好調で、マスク作りをきっかけにミシンの面白さが見直され、趣味の世界まで広がっているようだ。
 ブラザー工業(株)(TSR企業コード:400008408、東証1部)は、2021年3月期の家庭用ミシンの販売台数を前期比3割増と見込む。ブラザー工業の担当者は、「家庭用ミシン事業の2020年4-9月の売上高と営業利益が創業以来、過去最高になった」と語る。急増の背景として、「家の中でミシンを使う手作り縫製のニーズが高まっている」(同担当者)とコロナ特需をあげる。
 また、蛇の目ミシン工業(株)(TSR企業コード:290076897、東証1部)は、2020年4-9月の海外・国内ミシンの販売台数が前年同時期より3割以上伸び、86万台(前年同期64万台)に達した。蛇の目ミシン工業の担当者は、「在宅勤務など巣ごもりが浸透し、手作りマスクから始まったソーイング需要を取り込めた」と好調の要因を説明する。
 JUKI(株)(TSR企業コード:291098924、東証1部)も、家庭用ミシンの2020年1-6月期の売上高は前年同期に比べ2割以上伸びた。
 コロナ禍でアパレル業界向け工業用ミシンは当面、厳しい状況が続く見通しだ。だが、家庭用ミシンは「巣ごもり需要」に支えられ、好調を持続する。家の中で、リメイクなど手作り感がある「自分だけのモノ」を作る体験型の楽しみ。これがコト体験と通じるのかも知れない。ミシンメーカー各社は、コロナ特需で生まれた家庭用ミシンの需要定着に期待をかけている。


巣ごもりで販売が好調な家庭用ミシン(TSR撮影)

‌巣ごもりで販売が好調な家庭用ミシン(TSR撮影)

最新記事・倒産状況に関するお問い合わせ
フォームからお問い合わせ

お問い合わせはこちら

電話・FAXでのお問い合わせ

株式会社東京商工リサーチ 情報部
03-6910-3155

最寄りのTSR支社店へお問い合わせください
支社店一覧
このページを見ている人はこんなページも見ています

重要な経済指標である倒産をベースに国内経済を把握できます。
倒産月報・企業倒産白書

倒産情報や債権者リストなど経営判断に欠かせない情報誌です。
TSR情報誌(倒産情報誌)

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
インターネット企業情報サービス(tsr-van2)

1日2回、最新の倒産情報をメールいたします。
TSR express(TSR情報Web) -倒産情報配信サービス-

負債総額30億円以下の情報も収録!! TSR情報を2週間無料で試読いただけます。※地域によっては最大1ヵ月 お申し込みはこちら

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ