ホーム > 最新記事 > データを読む > 2020年 > 売れ筋は「テイクアウト用弁当箱」、隠れ営業やダミー休業の横行も

売れ筋は「テイクアウト用弁当箱」、隠れ営業やダミー休業の横行も

  • RSS
  • お気に入りに登録する

公開日付:2020.04.24

 飲食店や喫茶店などに食材を卸す会社の担当者が、世相を囁いた。「今の売れ筋は、食材ではなくテイクアウト用の弁当箱や小分けしたケチャップ、ドレッシングだ」。
 そう話した後、東京商工リサーチ(TSR)の取材に、一斉休業の裏話を話し始めた。

 担当者によると、多くの飲食店は当面の店舗営業が期待できず、穴埋めでテイクアウトにシフトしている。それを裏付けるように、今まで発注がなかった「テイクアウト用弁当箱」や「小分けされた調味料」、「弁当用の総菜」が急増している。なかでも、「弁当箱」の在庫が一気に捌けたという。「発注しても全部は入ってこない」ため、このままでは数週間で在庫が無くなる可能性すらある。とはいえ、特需があっても「全体の売上は、通常から7割減少している。おかげで週2~3日は自宅待機だ」とこぼす。

 いま、「新型コロナウイルス」感染拡大の防止で政府や自治体は事業者に休業を要請し、要請に応じた事業者には協力金の支給に向けた準備が進んでいる。ところが、この担当者が声を潜めて驚くようなことを話し出した。

 「表に休業中の紙を張り出し、消灯しているお店が常連客にこっそり営業時間を伝え、暗闇の中で営業している」というのだ。「休業中」なのに発注があり、「隠れ営業」がわかるという。
 別の飲食店は、毎年ゴールデンウィーク中は定休日にしている。だが、今年はあえて「ゴールデンウィーク中は休業」と告知した。営業マンは、「休業補償の協力金を狙っているのだろう」と憶測する。あの手この手で難局を乗り切る知恵か、それとも姑息な手段なのか。

 この担当者は、これまで苦労している経営者を見てきた。それだけに新型コロナの感染拡大の中で、「休業や時短が続けば生き残りは難しい。グレーとわかっていても事業継続したいと思うのだろう」と、やるせない心情を漏らした。

(東京商工リサーチ発行「TSR情報全国版」2020年4月27日号掲載予定「SPOT情報」を再編集)

最新記事・倒産状況に関するお問い合わせ
フォームからお問い合わせ

お問い合わせはこちら

電話・FAXでのお問い合わせ

株式会社東京商工リサーチ 情報部
03-6910-3155

最寄りのTSR支社店へお問い合わせください
支社店一覧
このページを見ている人はこんなページも見ています

重要な経済指標である倒産をベースに国内経済を把握できます。
倒産月報・企業倒産白書

倒産情報や債権者リストなど経営判断に欠かせない情報誌です。
TSR情報誌(倒産情報誌)

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
tsr-van2(インターネット企業情報サービス)

1日2回、最新の倒産情報をメールいたします。
TSR express(TSR情報Web) -倒産情報配信サービス-

負債総額30億円以下の情報も収録!! TSR情報を2週間無料で試読いただけます。※地域によっては最大1ヵ月 お申し込みはこちら

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ