ホーム > 最新記事 > データを読む > 2020年 > 「新型コロナウイルス」関連倒産状況【4月7日18:00現在】

「新型コロナウイルス」関連倒産状況【4月7日18:00現在】

  • RSS
  • お気に入りに登録する

公開日付:2020.04.07

 4月7日、安倍首相は7都府県(東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡)へ改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づいて、初めて「緊急事態宣言」を発令した。
 「新型コロナウイルス」(以下、「新型コロナ」)感染拡大を受け、企業ではテレワークの実施や休業、サプライチェーンの影響をみて操業の一時停止を発表するなど、「新型コロナ」は企業活動にも影響を与えている。
 「4月7日18:00現在で、倒産は19件。弁護士一任などの法的手続き準備中は23件で、経営破たんは合計42件まで増加した。
 「新型コロナ」関連の経営破たんは、東京都と北海道の各5件が最も多く、23都道府県に広がっている。業種では、宿泊業12件(倒産5件、法的手続き準備中7件)、飲食業6件(同3件、同3件)、食品製造業5件(同2件、同3件)、アパレル販売など、インバウンド需要と消費者対象の小・零細企業が圧倒的に多い。
 経営破たん企業は、サービス業や小売業だけでなく、原材料の仕入に支障を来し倒産に至るケースが発生するなど、全産業へ広がりをみせつつある。先行き不透明感が増すなか、「新型コロナ」の影響による経営破たんは、経営基盤の脆弱な零細・中小企業を中心に、さらに増える可能性をあり、懸念される。


「新型コロナウイルス」関連の倒産19件

 2月以降、「新型コロナ」関連の倒産は19件発生した。
 都道府県別では、最多は東京都6件。次いで、北海道と兵庫県が各2件、福島県、茨城県、新潟県、大阪府、広島県、岡山県、山口県、福岡県、沖縄県の各1件。
 倒産形態別では、破産14件、民事再生法5件。業績が厳しいなかで経営を維持してきたが、「新型コロナ」の影響が追い打ちをかけ、事業継続を断念したケースが大半を占めている。

「新型コロナウイルス」関連倒産状況


最新記事・倒産状況に関するお問い合わせ
フォームからお問い合わせ

お問い合わせはこちら

電話・FAXでのお問い合わせ

株式会社東京商工リサーチ 情報部
03-6910-3155

最寄りのTSR支社店へお問い合わせください
支社店一覧
このページを見ている人はこんなページも見ています

重要な経済指標である倒産をベースに国内経済を把握できます。
倒産月報・企業倒産白書

倒産情報や債権者リストなど経営判断に欠かせない情報誌です。
TSR情報誌(倒産情報誌)

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
tsr-van2(インターネット企業情報サービス)

1日2回、最新の倒産情報をメールいたします。
TSR express(TSR情報Web) -倒産情報配信サービス-

負債総額30億円以下の情報も収録!! TSR情報を2週間無料で試読いただけます。※地域によっては最大1ヵ月 お申し込みはこちら

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ