ホーム > 最新記事 > データを読む > 2020年 > 三陽商会、自己資本比率62.3%へ改善も「重要事象」を初記載

三陽商会、自己資本比率62.3%へ改善も「重要事象」を初記載

  • RSS
  • お気に入りに登録する

公開日付:2020.01.30

 アパレル大手の(株)三陽商会(TSR企業コード:290059666、東証1部)は、1月30日に公表した決算短信で「継続企業の前提に関する重要事象等」(以下、重要事象)を初めて記載した。2016年12月期~2018年12月期まで営業損失を計上していたが、2020年2月期(14カ月決算)も営業損失が見込まれることなどが要因。
 三陽商会の2020年2月期第4四半期(2019年1-12月)の累計売上高(連結)は、585億7,100万円(前年同時期比0.8%減)で、主力の百貨店向けが苦戦した。最終利益は15億9,000万円の赤字(前年同時期は8億1,900万円の赤字)だった。人件費を抑制したが、値引き販売の拡大などで総利益(粗利)率が低下し、赤字幅が拡大した。
 2019年12月末の現預金は、2018年12月末の180億7,700万円から71億8,300万円減少し、108億9,400万円に落ち込んだ。支払手形・買掛金は85億9,600万円から79億1,100万円への圧縮にとどまった。その他流動負債は、67億9,100万円から41億2,100万円へ減少した。三陽商会の担当者は東京商工リサーチの取材に対し、「2018年12月に実施した希望退職に関わる費用が支払われた」と、その他の流動負債の減少を説明した。
 借入金は、2018年12月末に80億円計上されていた長期借入金がなくなったが、短期借入金は10億2,700万円から90億円に増加した。総資産の縮小で、自己資本比率は61.4%から62.3%へ0.9ポイント改善した。
 ただ、2018年12月期にマイナスだった営業キャッシュフローは、2020年2月期(通期)でもマイナスを見込んでいる。

最新記事・倒産状況に関するお問い合わせ
フォームからお問い合わせ

お問い合わせはこちら

電話・FAXでのお問い合わせ

株式会社東京商工リサーチ 情報部
03-6910-3155

最寄りのTSR支社店へお問い合わせください
支社店一覧
このページを見ている人はこんなページも見ています

重要な経済指標である倒産をベースに国内経済を把握できます。
倒産月報・企業倒産白書

倒産情報や債権者リストなど経営判断に欠かせない情報誌です。
TSR情報誌(倒産情報誌)

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
tsr-van2(インターネット企業情報サービス)

1日2回、最新の倒産情報をメールいたします。
TSR express(TSR情報Web) -倒産情報配信サービス-

負債総額30億円以下の情報も収録!! TSR情報を2週間無料で試読いただけます。※地域によっては最大1カ月 お申し込みはこちら

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ