ホーム > 最新記事 > データを読む > 2019年 > 民事再生のリファクトリィ、「粉飾があったのは事実」

民事再生のリファクトリィ、「粉飾があったのは事実」

  • RSS
  • お気に入りに登録する

公開日付:2019.06.04

 5月29日に東京地裁に民事再生法の適用を申請した(株)リファクトリィ(TSR企業コード:293087890、東京都中央区、田中一郎社長)の債権者説明会が、6月3日午後1時30分より都内で開催された。
 会社側からは田中社長のほか、申請代理人の柴原多弁護士(西村あさひ法律事務所)らが出席。オブザーバーとして、監督委員の川瀬庸爾弁護士(濱田法律事務所)も参加した。債権者は約300名が集まった。
 冒頭、田中社長がお詫びを述べ、民事再生手続の方針が固まった後、しかるべき時期に経営責任を取るとの意向を示した。
 続いて、柴原弁護士から民事再生法の申請に至った経緯が説明された。柴原弁護士は、「会社から2019年5月中旬に相談を受けた後、5月27日にバンクミーティングを開催。状況を説明し、金融機関とリース会社に対して支払猶予を要請した。取引先に迷惑をかけない私的整理も検討したが、金融機関21行、リース会社9社と取引数が多く、私的整理は難しいとの意見が出た。最終的に金融機関との交渉がまとまらず、民事再生法の適用を申請した」と説明した。
 今後について、柴原弁護士は「M&Aの専門会社にスポンサー選定を依頼しており、7月中に選定をしたい。事業継続が困難な店舗の見直しを進める。派遣・代行契約については7月中旬までは契約の継続をお願いしたい」と述べた。
 今後の決済条件については、従前どおりの条件での支払いする旨の説明があり、質疑応答を経て午後2時40分に散会した。

主な質疑応答は以下の通り。
Q.店舗の継続と撤退はいつ決まるのか?
A.6月中に決めたい。
Q.粉飾決算があったとの報道があるが、金融支援は受けられるのか?また、スポンサーの見通しは?
A.粉飾があったのは事実。調査を進め、スポンサーには実態ベースの決算書で判断してもらう。
Q.5月27日にバンクミーティングを開催した意味はあったのか。不透明な中での民事再生では困る。更生法のように厳しい管理体制にしてほしい。
A.不適切な会計があったのは事実。田中社長に長々と経営を続けてもらう意思はない。スポンサーを早期に選定したい。
Q.粉飾に関連して私的流用や社外流出はあったのか?
A.現状はないと聞いている。調査は適正に行う。
Q.スポンサーの選定状況は?
A.現在20~30社に声をかけている。そのうち2~3社からは好感触を得ている。
Q:粉飾決算の(内容を)説明をしてほしい。首謀したのは田中社長だけなのか。
A:社長1人で行っていた。

リファクトリィが展開する「J.FERRY」の店舗(都内)

リファクトリィが展開する「J.FERRY」の店舗(都内)


(東京商工リサーチ発行「TSR情報全国版」2019年6月5日号掲載予定「取材の周辺」を再編集)

 TSR情報とは

最新記事・倒産状況に関するお問い合わせ
フォームからお問い合わせ

お問い合わせはこちら

電話・FAXでのお問い合わせ

株式会社東京商工リサーチ 情報部
03-6910-3155

最寄りのTSR支社店へお問い合わせください
支社店一覧
このページを見ている人はこんなページも見ています

重要な経済指標である倒産をベースに国内経済を把握できます。
倒産月報・企業倒産白書

倒産情報や債権者リストなど経営判断に欠かせない情報誌です。
TSR情報誌(倒産情報誌)

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
tsr-van2(インターネット企業情報サービス)

1日2回、最新の倒産情報をメールいたします。
TSR express(TSR情報Web) -倒産情報配信サービス-

負債総額30億円以下の情報も収録!! TSR情報を2週間無料で試読いただけます。※地域によっては最大1ヵ月 お申し込みはこちら

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ