ホーム > 最新記事 > データを読む > 2019年 > それぞれの師走

それぞれの師走

  • RSS
  • お気に入りに登録する

公開日付:2018.12.28

 多くの企業が仕事納めの12月28日。平成最期の師走は今シーズン最強の寒波が襲来し、風が冷たい。朝一番、東京商工リサーチ(TSR)の中部地方の情報担当者に、「A社が倒産準備をしている」と電話が入った。鋼材事業を営むA社は事業拠点を各地に置くが、本社は東京だ。中部の社員から連絡を受けた東京の情報担当者は早速、裏付け取材を進めた。 A社の本社に電話する。呼び出すが誰も出ない。そういえば鋼材関係は今年は27日の仕事納めが多かった。その後の取材でA社も28日から「年末年始休業」と連絡していたことがわかった。代表番号に電話しても応答するはずがない。少し安堵する。だが、確認のためA社の本社に出向くと、本社から4名の人が出てくるところに出くわした。
 「年末年始休業」のはずだが・・・。A社関係者とおぼしきラフな格好の男性2人。一緒に出てきた男女2人は弁護士か金融機関か・・・。あくまでもイメージだが。2人を見送った男性に話しかけた。その男性はA社の社長だった。社長に「倒産準備の情報があった」と問いかけると、「再生の動きを誰かがチクッたのだろう。取引先に迷惑をかけない形で再生に向けた相談をしている」とだけ話した。

 中部の社員が電話を受けていたその頃、東京の情報部にもまた別の情報が飛び込んでいた。為替取引や事業投資などで資金繰り悪化が伝えられるB社の情報だ。最近は取引先に支払いが遅れ、一部の事業譲渡の噂もあった。27日は電話も応答しなくなった。28日がXデーらしいとの情報も入り始める。B社に念のために電話する。すると男性の声で応答があった。「急激に人が減り、電話対応できないこともあった」と慎重に言葉を選びながら話してくれた。
 B社で変化が起きていることは間違いない。B社に急行すると、社員は数人いるようだが活気が感じられない。管理部門の社員が取材に応じ、「社長は出張中でこちらから連絡しても電話に出ない。ほかの役員も来てない」と淡々と話してくれた。「取引先への支払いや従業員への給料が一部遅配している。朝から銀行が2行きて怒られた」とも。年明けの営業はどうなるのか。対応してくれた従業員たちは給料が遅延している。正月をどう迎えるのか。社員の心中を察すると心が重い。大変な時期の対応に感謝する。

 今度は昼前。C社が手形を決済できなかったと連絡が入る。C社が公開する決算書が本当なら負債総額は100億円を軽く超える。電話しても留守電に切り替わる。C社は登記上の本社と実質本社が別の場所にある。ふた手に分かれ確認に動く。登記地には会社実態はなく、実質上本社はマンションの一室。お定まりのオートロックだ。インターホンでC社が入居する部屋番号をプッシュする。応答した人にC社か尋ねると、「C社ではありません」と男性の声で応対。すぐにインターホンが切れた。間違えたのか・・・。社長の自宅のようだが、次の一手を考えながらマンションを後にした。  例年、慌ただしい師走は信用情報も駆け巡る。新年に思いをはせる人、仕事に翻弄される人。一人ひとりがそれぞれの思いを胸に年を越す。平成最期の師走も残りわずか。来年は佳き年でありますように・・・。


 TSR情報とは

最新記事・倒産状況に関するお問い合わせ
フォームからお問い合わせ

お問い合わせはこちら

電話・FAXでのお問い合わせ

株式会社東京商工リサーチ 情報部
03-6910-3155

最寄りのTSR支社店へお問い合わせください
支社店一覧
このページを見ている人はこんなページも見ています

重要な経済指標である倒産をベースに国内経済を把握できます。
倒産月報・企業倒産白書

倒産情報や債権者リストなど経営判断に欠かせない情報誌です。
TSR情報誌(倒産情報誌)

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
tsr-van2(インターネット企業情報サービス)

1日2回、最新の倒産情報をメールいたします。
TSR express(TSR情報Web) -倒産情報配信サービス-

負債総額30億円以下の情報も収録!! TSR情報を2週間無料で試読いただけます。※地域によっては最大1カ月 お申し込みはこちら

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ