ホーム > 最新記事 > データを読む > 2020年 > すかいらーくHD 再上場後、初めての赤字転落へ、200店の閉店も計画

すかいらーくHD 再上場後、初めての赤字転落へ、200店の閉店も計画

  • RSS
  • お気に入りに登録する

公開日付:2020.11.12

 

 ファミリーレストラン「ガスト」「バーミヤン」「ジョナサン」などを展開する(株)すかいらーくホールディングス(TSR企業コード:298648857、武蔵野市、東証1部)は11月12日、2020年12月期(連結)の純利益が150億円の赤字になりそうだと発表した。新型コロナの影響重く、2014年の再上場後、初の純利益が赤字になる見通しだ。

 同日、2021年末までに不採算店舗など約200店を閉店することも発表した。

 すかいらーくHDの2020年12月期(連結)の業績予想は、売上高2,930億円(前年比21.9%減)、営業利益200億円の赤字(前年205億6,200万円の黒字)、純利益150億円の赤字(同94億8,700万円の黒字)と減収赤字転落を見込む。

 とくに第2四半期(4-6月)はリモートワークなどで都心エリアの落ち込みが大きかった。テイクアウトの強化や「Go To Eat」キャンペーンを実施し、収益改善を目指す。

 同日発表した2020年1-9月(連結)は売上高2,135億6,300万円(前年同期比25.1%減)、営業利益211億4,300万円の赤字(前年同期199億9,500万円の黒字)、純利益146億2,400万円の赤字(同105億1,200万円の黒字)だった。

 すかいらーくHDによると、「現時点での2021年の見通しは、売上高3,100億円~3,200億円、営業利益100億円前後」を見込む。

 すかいらーくHDは、約2,800店で年末年始の営業時間を短縮する予定だ。ガストやバーミヤンなどは、大晦日18時閉店、元旦は11時~21時営業を計画している。従業員のワークライフバランスを重視しているほか、新型コロナによる深夜時間帯のニーズが減少する見込みのためという。


すかいらーく1112

‌        すかいらーくHDが展開するガスト(TSR撮影)

最新記事・倒産状況に関するお問い合わせ
フォームからお問い合わせ

お問い合わせはこちら

電話・FAXでのお問い合わせ

株式会社東京商工リサーチ 情報部
03-6910-3155

最寄りのTSR支社店へお問い合わせください
支社店一覧
このページを見ている人はこんなページも見ています

重要な経済指標である倒産をベースに国内経済を把握できます。
倒産月報・企業倒産白書

倒産情報や債権者リストなど経営判断に欠かせない情報誌です。
TSR情報誌(倒産情報誌)

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
インターネット企業情報サービス(tsr-van2)

1日2回、最新の倒産情報をメールいたします。
TSR express(TSR情報Web) -倒産情報配信サービス-

負債総額30億円以下の情報も収録!! TSR情報を2週間無料で試読いただけます。※地域によっては最大1ヵ月 お申し込みはこちら

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ