TSRデータインサイト

日本経済の「現在」を理解するための手がかりとして、TSRが長年蓄積してきた企業情報、倒産情報および公開情報等に基づき、独自の視点に立った分析をまとめて発表しています。
対象年月
フリーワード
直近2年の記事件数:1 - 12件/966件

表示件数:

掲載日:

2024-02-22
花粉シーズンが到来 「業務に悪影響」のうち9割超の企業が効率低下を指摘
スギ花粉の本格的な飛散シーズンを迎える。花粉症の業務への支障について、悪影響が出ている企業の9割超(92.7%)が「従業員の作業効率の低下」を指摘した。花粉症の従業員は、鼻水や目のかゆみなどによる集中力低下が悩みで、職場や同僚の理解や支援も重要になっている。
2024-02-22
商業登記規則の省令改正問題、与信態度が硬化も 金融・保険業の5割超が「与信管理がしにくくなる」と回答
商業登記簿に代表者の住所が記載されなくなるかもしれない。商業登記規則の省改正令は、6月3日施行の予定で、すでにパブリックコメント受付も終了している。果たして、予定通り実施されるのか。
2024-02-21
「2024年問題」直前の軽貨物運送業 倒産と休廃業・解散の合計が3年連続で過去最多
ドライバー不足が懸念される「2024年問題」が間近に迫るなか、宅配などを担う「軽貨物運送業(貨物軽自動車運送業)」の2023年の倒産(49件)と休廃業・解散(74件)の合計が過去最多の123件に達したことがわかった。
2024-02-21
“能登半島地震” 事業に影響ある企業が2割 サプライチェーンや取引先被災の影響が大きく
2024年1月1日、最大震度7を観測した能登半島地震から1カ月半が経過した。多くの人が被災し、まだ活発な地震活動が続くが、復興へ向けた動きも出始めている。
2024-02-20
企業の 7割で「原材料価格」、「人件費」などコスト上昇 人件費増加分は「転嫁できていない」がほぼ半数
物価高や円安、エネルギー価格の高止まりなど、アフターコロナ局面でも厳しい経営環境が続いている。今年1月の本業に係るコストが前年1月より「増加した」と回答した企業は、73.6%と7割を超えた。
2024-02-20
2024年度 「賃上げ実施予定率」、過去最高の 85.6% 賃上げ率の最多は 3%で「前年を上回る賃上げ」に届かず
2024年度に賃上げ予定の企業は85.6%で、定期的な調査を開始した2016年度以降の最高を更新した。ただ、規模別の実施率では、大企業(93.1%)と中小企業(84.9%)で8.2ポイントの差がつき、賃上げを捻出する体力や収益力の差で二極化が拡大している。
ゾンビ企業により、市場環境が歪められていると感じることはありますか?
2024-02-16
「ゾンビ企業」の市場への悪影響、36.2%が「感じる」 各種支援の是非の判断は慎重さが必要
いわゆる「ゾンビ企業」が市場環境を歪めていると感じる企業は36.2%で、3社に1社にのぼることがわかった。日本の名目GDPが世界4位に転落し、企業の生産性や稼ぐ力の向上が再びテーマに上がることが必至な状況下で、企業向け支援のあり方にも一石を投じそうだ。
2024-02-14
足立成和信金と東栄信金が合併検討 合併後はメインバンク数1,365社、都内18位に上昇
日本銀行のマイナス金利解除が関心を集める中、東京都の足立成和信金(足立区)と東栄信金(葛飾区)が合併を検討していることがわかった。
2024-02-14
2023年の学習塾倒産 過去20年間「最多」の45件 市場拡大も、多様なニーズで「競争激化」
少子化が進むなか、激しい競争が続く学習塾業界では、中小・零細規模の塾の淘汰が続いている。2023年の学習塾の倒産は45件(前年比28.5%増)で、2004年以降の20年間で最多を更新した。
2024-02-14
2023年 1月比で金利上昇の企業 16.1% 金利が 0.5% 上昇で 2割超が「借入を断念」
2016年1月に日本銀行がマイナス金利を導入してから8年が経過した。マイナス金利解除の観測が市場に広がるが、すでに企業の借入金利は一部で上昇していることがわかった。
2024-02-13
前受金依存度の高い業種 1位は「衣装レンタル」 前受金ビジネスの法的整備が急務
脱毛サロンや英会話学校、貸衣装など、消費者を巻き込んだ前受金ビジネスの危うさが広がっている。東京商工リサーチは、2022年10月期-2023年9月期に決算を迎えた28万4,575社を対象に、財務諸表に前受金(前受収益を含む)を計上した企業を調査した。
2024-02-09
バルミューダ、最終赤字20億7,100万円=上場以来、初の赤字転落
家電メーカーのバルミューダ(株)(TSR企業コード:295670029、東証グロース)が2月9日に発表した2023年12月期の通期連結決算は、最終赤字が20億7,100万円(前期300万円の黒字)だった。
2024-02-08
「すし店」の倒産が増勢の兆し 2024年1月の「すし店」倒産は5件
コロナ禍が落ち着くと同時に、日本を代表する人気食「すし店」の倒産が増えている。2024年1月の「すし店」倒産(負債1,000万円以上)は、5件(前年同月比400.0%増)だった。月間5件以上は、2020年8月(5件)以来、3年5カ月ぶり。
2024-02-08
2024年1月の負債1,000万円未満の倒産48件 9カ月連続で前年同月を上回り、増勢を強める
2024年1月の負債1,000万円未満の企業倒産は、48件(前年同月比50.0%増)で、9カ月連続で前年同月を上回った。1月では、2年連続で前年を上回り、2020年(47件)以来、4年ぶりに40件台に乗せ、コロナ禍前の水準に戻した。
2024-02-08
2024年1月の「物価高」倒産47件 14か月連続の40件超で高止まり
「物価高」を起因とした倒産の増勢が続いている。2024年1月の「物価高」倒産は47件(前年同月比11.9%増)で、前年同月(42件)を上回った。円安ドル高が続くなか、2022年12月から月間40件超を持続している。
2024-02-08
「ゼロゼロ融資」利用後倒産 1月は40件 2カ月連続で前年を下回る、中堅規模が増加
2024年1月の「ゼロゼロ融資(実質無利子・無担保融資)」利用後の倒産は40件(前年同月比18.3%減)で、2カ月連続で前年同月を下回った。
2024-02-03
人手不足の時代に人材関連サービス業の倒産が急増 ~中小の人材紹介会社は長い冬の到来か~
人手不足が深刻さを増した2023年。有卦(うけ)に入ると思われた人材関連サービスの倒産件数(94件)が、コロナ禍前の2019年(70件)を4年ぶりに上回った。
2024-02-02
民事再生のWeWork Japan、100億円超の連続赤字
2月1日に民事再生法の適用を申請したWeWork Japan合同会社(TSR企業コード:017839289)の債権者は2,708名で、負債総額は157億2,148万円だった。
2024-02-02
2024年1月の「円安」関連倒産 2件 前年同月から半減も、19カ月連続で発生
2024年1月の「円安」関連倒産は2件(前年同月比50.0%減)で、前年同月から半減した。ただ、1ドル=130円を境にした円安相場が続くなか、2022年7月から19カ月連続で発生した。円安で輸入財を中心に、仕入コストの上昇が企業収益を圧迫していることを示す。
2024-02-02
社長の平均年齢 過去最高の63.76歳 最高は高知県65.96歳、最年少は広島県62.67歳
人口減少と少子高齢化が進むなか、社長の平均年齢は2023年に63.76歳(前年63.02歳)に伸びた。前年を0.74歳上回り、調査を開始した2009年以降で最高を更新した。また、70代以上の社長の構成比が35.49%と年代別で最も多く、事業承継の遅れも浮き彫りになった。

人気記事ランキング

  • TSRデータインサイト

2023年 1月比で金利上昇の企業 16.1% 金利が 0.5% 上昇で 2割超が「借入を断念」

2016年1月に日本銀行がマイナス金利を導入してから8年が経過した。マイナス金利解除の観測が市場に広がるが、すでに企業の借入金利は一部で上昇していることがわかった。

2

  • TSRデータインサイト

2023年の学習塾倒産 過去20年間「最多」の45件 市場拡大も、多様なニーズで「競争激化」

少子化が進むなか、激しい競争が続く学習塾業界では、中小・零細規模の塾の淘汰が続いている。2023年の学習塾の倒産は45件(前年比28.5%増)で、2004年以降の20年間で最多を更新した。

3

  • TSRデータインサイト

「すし店」の倒産が増勢の兆し 2024年1月の「すし店」倒産は5件

コロナ禍が落ち着くと同時に、日本を代表する人気食「すし店」の倒産が増えている。2024年1月の「すし店」倒産(負債1,000万円以上)は、5件(前年同月比400.0%増)だった。月間5件以上は、2020年8月(5件)以来、3年5カ月ぶり。

4

  • TSRデータインサイト

前受金依存度の高い業種 1位は「衣装レンタル」 前受金ビジネスの法的整備が急務

脱毛サロンや英会話学校、貸衣装など、消費者を巻き込んだ前受金ビジネスの危うさが広がっている。 東京商工リサーチは、2022年10月期-2023年9月期に決算を迎えた28万4,575社を対象に、財務諸表に前受金(前受収益を含む)を計上した企業を調査した。

5

  • TSRデータインサイト

足立成和信金と東栄信金が合併検討 合併後はメインバンク数1,365社、都内18位に上昇

日本銀行のマイナス金利解除が関心を集める中、東京都の足立成和信金(足立区)と東栄信金(葛飾区)が合併を検討していることがわかった。

TOPへ