ホーム > 最新記事 > データを読む > 2019年 > 2019年8月、9月期決算 4社にGC注記、7社に重要事象が記載

2019年8月、9月期決算 4社にGC注記、7社に重要事象が記載

  • RSS
  • お気に入りに登録する

公開日付:2019.11.25

 2019年8月期、9月期決算で、決算短信に「継続企業の前提に関する注記」(ゴーイング・コンサーン注記、GC)を記載した企業は4社だった。また、GCに至らないが事業継続に重要な疑義を生じさせる事象がある「継続企業の前提に関する重要事象」(以下、重要事象)を記載したのは7社だった。
 2019年3月期以降の累計社数は、GC注記が26社、重要事象は53社で、合計79社にのぼった(いずれも通期決算をカウント)。


 GC注記の4社のうち、9月27日付で事業再生ADR手続が成立した書店大手の(株)文教堂グループホールディングス(TSR企業コード:350391742、川崎市)は連結ベースで最終赤字39億円を計上し、債務超過額は42億円に拡大した。今後、事業再生計画に沿って金融機関や取次大手の日本出版販売(株)(TSR企業コード:130976210、千代田区)の支援を得ながら再建を図る。
 また、金属製ラック製造の日本フォームサービス(株)(TSR企業コード:291155170、江東区)は「取引先に対する営業債務及び諸経費の一部に支払遅延が発生」している。
 一方、トレーニング機器「シックスパッド」販売の(株)MTG(TSR企業コード:401117464、名古屋市)は、会計監査人に「韓国の取引先の在庫状況に関する通報があり、内容の調査に時間を要する」として9月期の決算発表を延期した。当社は5月に上海子会社で不適切な会計処理が発覚、過年度決算を訂正し9月24日に東証に対し改善報告書を提出したばかりだった。11月19日には業績予想を棚卸資産評価損などで267億円の最終赤字となる見込み(前回予想は85億円の赤字)と公表しており、決算発表に注目が集まっている。


 上場企業は大手を中心に好決算が相次ぐ一方、世界経済の減速懸念による不透明感も漂っている。また、不適切会計の発覚が増加の一途を辿り、不振企業ほどガバナンス機能の低下も指摘されている。
 上場企業とはいえ業種や規模感は多岐に渡り、好不調の二極化は進展している。GCや重要事象の記載から脱却できない不振企業の動向には引き続き注意が必要だろう。

※11社のリストは「TSR情報全国版」11月26日号「WeeklyTopics」に掲載予定

最新記事・倒産状況に関するお問い合わせ
フォームからお問い合わせ

お問い合わせはこちら

電話・FAXでのお問い合わせ

株式会社東京商工リサーチ 情報部
03-6910-3155

最寄りのTSR支社店へお問い合わせください
支社店一覧
このページを見ている人はこんなページも見ています

重要な経済指標である倒産をベースに国内経済を把握できます。
倒産月報・企業倒産白書

倒産情報や債権者リストなど経営判断に欠かせない情報誌です。
TSR情報誌(倒産情報誌)

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
tsr-van2(インターネット企業情報サービス)

1日2回、最新の倒産情報をメールいたします。
TSR express(TSR情報Web) -倒産情報配信サービス-

負債総額30億円以下の情報も収録!! TSR情報を2週間無料で試読いただけます。※地域によっては最大1ヵ月 お申し込みはこちら

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ