ホーム > 最新記事 > データを読む > 2021年 > 外食大手 持ち帰り需要で業績回復が二極化

外食大手 持ち帰り需要で業績回復が二極化

  • RSS
  • お気に入りに登録する

公開日付:2021.08.13

 

ゼンショーHDやすかいらーくHD、丸亀製麺のトリドールHDなどが黒字転換

 

 持ち帰りニーズを取り込んだ外食の業績回復が目立ち始めた。セルフうどん店の「丸亀製麺」などを運営する(株)トリドールホールディングス(TSR企業コード:670197300、渋谷区、東証1部)は、2021年4-6月期(連結、IFRS)の営業利益が47億6900万円(前年同期35億5000万円の赤字)と黒字に転換した。好調な「うどん弁当」が寄与し、業績が急回復した。
   牛丼チェーン「すき家」などを運営する飲食大手の(株)ゼンショーホールディングス(TSR企業コード:350389764、東京都港区、東証1部)は2021年4-6月期の連結営業利益が28億7500万円(前年同期46億8100万円の赤字)、ファミリーレストラン「ガスト」、「バーミヤン」などを運営する(株)すかいらーくホールディングス(TSR企業コード:298648857、武蔵野市、東証1部)も2021年1-6月期の連結営業利益が4億5900万円(同180億8000万円の赤字)と黒字に転換した。
 一方、緊急事態宣言やまん延防止重点措置などが発令された地域で酒類提供の停止を要請された居酒屋は苦戦が続く。一部では持ち帰りに取り組むが、いち早く持ち帰りやデリバリー需要を取り込んだファーストフードなどと明暗を分けている。
 日本フードサービス協会によると、6月の「パブ・居酒屋」の売上高は前年同月比58.7%減と厳しく、「ファーストフード」は同9.1%増と、持ち帰り需要を巡り外食の二極化が進行している。


最新記事・倒産状況に関するお問い合わせ
フォームからお問い合わせ

お問い合わせはこちら

電話・FAXでのお問い合わせ

株式会社東京商工リサーチ 情報部
03-6910-3155

最寄りのTSR支社店へお問い合わせください
支社店一覧
このページを見ている人はこんなページも見ています

重要な経済指標である倒産をベースに国内経済を把握できます。
倒産月報・企業倒産白書

倒産情報や債権者リストなど経営判断に欠かせない情報誌です。
TSR情報誌(倒産情報誌)

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
インターネット企業情報サービス(tsr-van2)

1日2回、最新の倒産情報をメールいたします。
TSR express(TSR情報Web) -倒産情報配信サービス-

負債総額30億円以下の情報も収録!! TSR情報を2週間無料で試読いただけます。※地域によっては最大1ヵ月 お申し込みはこちら

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ