ホーム > 最新記事 > データを読む > 2020年 > 大塚家具 2020年5~7月期の純利益は10億円の赤字、7月は家電の店舗売上が約1割に

大塚家具 2020年5~7月期の純利益は10億円の赤字、7月は家電の店舗売上が約1割に

  • RSS
  • お気に入りに登録する

公開日付:2020.09.11

 

 経営再建中の(株)大塚家具(TSR企業コード:291542085、JASDAQ)は9月11日、2021年4月期第1四半期(5~7月期)を発表した。

 売上高は58億2100万円(2020年第1四半期1~3月期68億3000万円)、営業利益は▲9億4600万円(同▲14億3000万円)、当期純利益は▲10億200万円(同▲14億5600万円)だった。

 決算期の変更で、単純比較はできないが、第1四半期としては減収、赤字幅は縮小した。

 昨年12月、(株)ヤマダ電機(TSR企業コード:270114270、東証1部)との資本提携で、連結子会社となったのを機に、コラボレーションを加速し、家電販売なども強化した。

 しかし、春の最需要期に新型コロナウイルス感染拡大で、店舗の臨時休業や時短営業が影響し、売上高が落ち込んだ。また、2019年5月に仙台ショールーム、2020年5月に銀座本店など店舗数の減少も影響した。その後、来店客数は回復し、7月には家電の店舗売上構成が約1割と伸ばしたが、巻き返せなかった。

 2016年12月期以降、連続して営業利益がマイナスとなっており、GC注記の記載が続く。また、注力していた中国への進出も新型コロナで停滞している。2年間の上場廃止猶予期間に入っており、営業利益の黒字化が急務だが、新型コロナでスタートダッシュに躓き、黒字化への道筋はまだ見えない。

 なお、2021年4月期通期の業績予想は未定としている。


大塚久美子社長0911

‌                          大塚久美子社長(2019年12月撮影)

最新記事・倒産状況に関するお問い合わせ
フォームからお問い合わせ

お問い合わせはこちら

電話・FAXでのお問い合わせ

株式会社東京商工リサーチ 情報部
03-6910-3155

最寄りのTSR支社店へお問い合わせください
支社店一覧
このページを見ている人はこんなページも見ています

重要な経済指標である倒産をベースに国内経済を把握できます。
倒産月報・企業倒産白書

倒産情報や債権者リストなど経営判断に欠かせない情報誌です。
TSR情報誌(倒産情報誌)

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
tsr-van2(インターネット企業情報サービス)

1日2回、最新の倒産情報をメールいたします。
TSR express(TSR情報Web) -倒産情報配信サービス-

負債総額30億円以下の情報も収録!! TSR情報を2週間無料で試読いただけます。※地域によっては最大1ヵ月 お申し込みはこちら

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ