ホーム > 最新記事 > データを読む > 2020年 > 「新型コロナウイルス」関連倒産状況【4月13日18:00 現在】

「新型コロナウイルス」関連倒産状況【4月13日18:00 現在】

  • RSS
  • お気に入りに登録する

公開日付:2020.04.13

 4月13日18:00現在、「新型コロナ」関連の経営破たんが全国で54件に達した。(倒産が29件、弁護士一任・準備中が25件)。
 都道府県別の経営破たんは、最多が東京都の8件(倒産8件、準備中0件)。次いで、北海道7件(同5件、同2件)、兵庫県4件(同2件、同2件)、静岡県・大阪府・福岡県が各3件など、28都道府県に広がっている。
 業種別では、宿泊業12件(倒産7件、準備中5件)、飲食業7件(同3件、同4件)と2業種に集中している。ただ、外出自粛が浸透するにつれて、来店客が減少した小売業や販売不振が深刻な食品製造業、アパレル販売など、インバウンド依存の業種や消費者対象業種の小・零細企業を中心に広がっている。
 イベント自粛だけでなく、人が集まる葬儀の手控えも増えたことで、葬儀業やケータリングサービス業でも経営破たんが発生した。また、小・中学校で新学期の開始が延期され、給食向け食材の製造・販売の落ち込みで倒産した企業も出てきた。
 製造業では、管材・住宅設備機器卸業やゴム風船メーカーで、海外から原材料の仕入れが困難になって経営破たんした企業や、「新型コロナ」の影響で取引先で経営が悪化した韓国企業からの入金遅れで資金繰りに行き詰まり、民事再生法を申請した企業もある。
 「新型コロナ」の影響は、様々な業種に広がっている。このまま影響が長期化すると、経営体質がぜい弱な小・零細、中小企業から、中堅企業にも経営破たんが拡大することが懸念される。  


日本地図コロナ0413

4月に入り経営破たん(判明分)が急増

 経営破たんの判明を月別にみると、2月2件、3月23件、4月は13日までに29件と、4月に入って急増している。
 もともと経営基盤がぜい弱な零細・中小企業が多いが、「新型コロナ」の影響で売上が減少し、業績悪化がさらに加速して倒産に至るケースが多い。  

最新記事・倒産状況に関するお問い合わせ
フォームからお問い合わせ

お問い合わせはこちら

電話・FAXでのお問い合わせ

株式会社東京商工リサーチ 情報部
03-6910-3155

最寄りのTSR支社店へお問い合わせください
支社店一覧
このページを見ている人はこんなページも見ています

重要な経済指標である倒産をベースに国内経済を把握できます。
倒産月報・企業倒産白書

倒産情報や債権者リストなど経営判断に欠かせない情報誌です。
TSR情報誌(倒産情報誌)

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
tsr-van2(インターネット企業情報サービス)

1日2回、最新の倒産情報をメールいたします。
TSR express(TSR情報Web) -倒産情報配信サービス-

負債総額30億円以下の情報も収録!! TSR情報を2週間無料で試読いただけます。※地域によっては最大1ヵ月 お申し込みはこちら

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ