ホーム > 最新記事 > データを読む > 2020年 > 「新型コロナ」ショック、活況の国内ホテル業界を直撃

「新型コロナ」ショック、活況の国内ホテル業界を直撃

  • RSS
  • お気に入りに登録する

公開日付:2020.03.19

 「新型コロナ」ウイルス感染が世界的に拡大するなか、影響が企業業績にも暗い影を落とし始めた。特に、ホテル業界はインバウンド急減と国内旅行やイベント、出張の自粛のダブルパンチを受け、業績見通しの下方修正を発表する上場企業が相次いでいる。
 業績修正の額は、カウント可能な分だけでも売上高のマイナスが291億円、利益のマイナスが133億円。ただ、現時点で「影響額の算定は難しい」として影響額が未発表の企業や、業績予想を取り下げる企業などもあり、コロナショックによる収益への悪影響はさらに拡大する見通しだ。


 3月18日現在、主なホテル運営上場企業のうち、新型コロナウイルスに関する業績への影響を開示したのは9社。このうち、通期業績を下方修正した企業は6社だった。
 売上高のマイナス幅の最大は、リゾートトラスト(株)(TSR企業コード: 400431971)で、2020年3月期の売上高を従来予想の1,714億円から1,600億円と、114億円(増減率▲6.7%)引き下げた。昨年の台風15号、19号に加え「第4四半期以降、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、インバウンドの減少のみならず国内利用者の減少影響があり当初予想を下回る見込み」。
 このほか、(株)京都ホテル(TSR企業コード: 641057083)は外国人・国内観光客の減少、宴会キャンセル、ブッフェの営業自粛などで売上・営業利益が大幅に減少し、1億9,200万円の最終赤字に転落する見通し。

コロナウイルス影響(ホテル)

ロイヤルホテルは2度の下方修正、ワシントンホテルの3月売上は前期比7割減

 (株)ロイヤルホテル(TSR企業コード: 570091055)は2月13日、客室部門の売上減少を見込んで通期業績を下方修正していたが、「前回予想の想定を超えて業績が悪化した」ため、3月17日に再度の下方修正を発表した。売上高の減少は合計37億円(増減率▲8.9%)にのぼる。
 また、ワシントンホテル(株)(TSR企業コード: 400266903)は2月13日に業績予想を下方修正していた。だが、3月度は15日までの売上高実績で、前年同期比68.2%減と大幅に落ち込み、「前回発表時の想定を大きく下回ることが予想される」ことから業績予想を「未定」として、取り下げた。


 国内ホテル業界はインバウンドの下支えに加え、オリンピック需要も見越しての建設ラッシュが続いてきた。観光向け、ビジネスホテルともに高い稼働率と、宿泊費の高騰で活況を呈してきたが、ここにきてコロナショックが直撃、業績に急ブレーキがかかっている。
 当面は感染拡大が終息し、いち早く「コロナ以前」に戻ることが望まれるところだが、気になるのが多方面で議論が浮上している東京五輪の開催だ。
 東京五輪は、これまで続いた「ホテルバブル」の集大成となるはずだった。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、各国に封鎖の輪が広がるなか、五輪開催の決定の行方はホテル業界にとっても最大の関心事でもある。

最新記事・倒産状況に関するお問い合わせ
フォームからお問い合わせ

お問い合わせはこちら

電話・FAXでのお問い合わせ

株式会社東京商工リサーチ 情報部
03-6910-3155

最寄りのTSR支社店へお問い合わせください
支社店一覧
このページを見ている人はこんなページも見ています

重要な経済指標である倒産をベースに国内経済を把握できます。
倒産月報・企業倒産白書

倒産情報や債権者リストなど経営判断に欠かせない情報誌です。
TSR情報誌(倒産情報誌)

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
tsr-van2(インターネット企業情報サービス)

1日2回、最新の倒産情報をメールいたします。
TSR express(TSR情報Web) -倒産情報配信サービス-

負債総額30億円以下の情報も収録!! TSR情報を2週間無料で試読いただけます。※地域によっては最大1ヵ月 お申し込みはこちら

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ