ホーム > 最新記事 > データを読む > 2021年 > SBIソーシャルレンディング、自主廃業とSL事業からの撤退を決定

SBIソーシャルレンディング、自主廃業とSL事業からの撤退を決定

  • RSS
  • お気に入りに登録する

公開日付:2021.05.21

 

 SBIホールディングス(株)(TSR企業コード:293749795、東京都港区、東証1部、以下SBIHD)は5月24日、全既存ファンドの償還を条件に子会社のソーシャルレンディング会社の廃業とソーシャルレンディング事業からの撤退を決定したと発表した。子会社は、貸付先の重大な懸案事項に関し、第三者委員会から金融商品取引法違反を認定され、社内処分などを4月に発表していた。
 廃業と事業撤退を決めたのは、SBIHDの子会社のSBIソーシャルレンディング(株)(TSR企業コード:297322095、東京都港区、以下SBISL)。貸付先の(株)テクノシステム(TSR企業コード:352551062、横浜市西区)との間で、投資家に提示した資金使途と異なる支払いなどが判明、問題となっていた。テクノシステムは5月17日、バンクミーティングを開催し、6月上旬をめどに東京地裁への法的処理の申請を検討していることを明かしている。報道によると、金融庁はSBISLに対し、業務停止命令を出す方針。
 SBISLは本件の未償還元本相当額の償還手続きを進め、すでに対象ファンドの99.94%(出資額ベース、5月23日現在)の投資家が同意しているという。
 SBISLは、今年3月から新規ファンドの募集を全面的に停止し、新設した「アセットマネジメント部」で既存ファンドの管理・回収を進める意向。SBIHDは、「今般の決定に伴う当社連結業績への影響は軽微」としている。


最新記事・倒産状況に関するお問い合わせ
フォームからお問い合わせ

お問い合わせはこちら

電話・FAXでのお問い合わせ

株式会社東京商工リサーチ 情報部
03-6910-3155

最寄りのTSR支社店へお問い合わせください
支社店一覧
このページを見ている人はこんなページも見ています

重要な経済指標である倒産をベースに国内経済を把握できます。
倒産月報・企業倒産白書

倒産情報や債権者リストなど経営判断に欠かせない情報誌です。
TSR情報誌(倒産情報誌)

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
インターネット企業情報サービス(tsr-van2)

1日2回、最新の倒産情報をメールいたします。
TSR express(TSR情報Web) -倒産情報配信サービス-

負債総額30億円以下の情報も収録!! TSR情報を2週間無料で試読いただけます。※地域によっては最大1ヵ月 お申し込みはこちら

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ