ホーム > 最新記事 > データを読む > 2019年 > すてきナイスの元会長ら3名逮捕 不正会計の背景は「創業家のプレッシャー」

すてきナイスの元会長ら3名逮捕 不正会計の背景は「創業家のプレッシャー」

  • RSS
  • お気に入りに登録する

公開日付:2019.07.25

平田元会長「幹部のワイシャツは白」と規定、違反者は降格も

 7月25日、横浜地検は金融商品取引法違反の疑いで、すてきナイスグループ(株)(TSR企業コード:350011826、横浜市、東証1部、以下すてきナイス)の元代表取締役会長・平田恒一郎容疑者と元代表取締役副会長・日暮清容疑者、元取締役・大野弘容疑者を逮捕した。
 これに先立ち、すてきナイスは7月24日、事実関係などを検証していた第三者委員会から調査報告書を受領したと発表した。 すてきナイスは、「本調査報告書に記載の調査結果および提言を真摯に受け止める」としている。
 調査報告書によると、不正会計の背景として創業家の影響力をあげている。創業家で元代表取締役会長だった平田恒一郎氏は辞任した2019年5月までグループに強い影響力を有していた。平田元会長が定めた「ワイシャツは白」、「喫煙禁止」、「ゴルフ禁止」などの決まりに違反した役員には降格を命じていたという。こうした強い影響力で意見を述べることすら躊躇する企業風土だったと指摘した。
 不正会計は、2015年3月期の通期連結業績を期中に2度の下方修正を避けるため平田元会長が幹部に強く利益改善を求めた。平田元会長は取締役会で「約束した数字ができなければ辞表を出すように」とプレッシャーをかけたという。
 そのため、幹部らはあらゆる「益出し」を検討。「マンション」を平田元会長が間接的に支配する会社へ売却し、会計上認められない売上計上が行われたと断罪した。不動産の売却価格は30億円以上で、購入資金はグループ企業が貸し付け、最終的に当期純利益12億円程度を調整したとみられる。  報告書では創業家の支配体制の刷新、ガバナンス(企業統治)、内部統制の不全を指摘。グループ会社やグループ外支配会社を利用した認められない不正な会計処理が行われていたとし、有価証券報告書の訂正も求めた。
 横浜地検などの捜査から4日後の5月20日、杉田理之社長は会見を開き「(地検の容疑は)通常取引で粉飾に当たらない」と強弁していた。

すてきナイスグループ本社

すてきナイスグループ本社


(東京商工リサーチ発行「TSR情報全国版」2019年7月25日号掲載予定を再編集)

 TSR情報とは

最新記事・倒産状況に関するお問い合わせ
フォームからお問い合わせ

お問い合わせはこちら

電話・FAXでのお問い合わせ

株式会社東京商工リサーチ 情報部
03-6910-3155

最寄りのTSR支社店へお問い合わせください
支社店一覧
このページを見ている人はこんなページも見ています

重要な経済指標である倒産をベースに国内経済を把握できます。
倒産月報・企業倒産白書

倒産情報や債権者リストなど経営判断に欠かせない情報誌です。
TSR情報誌(倒産情報誌)

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
tsr-van2(インターネット企業情報サービス)

1日2回、最新の倒産情報をメールいたします。
TSR express(TSR情報Web) -倒産情報配信サービス-

負債総額30億円以下の情報も収録!! TSR情報を2週間無料で試読いただけます。※地域によっては最大1ヵ月 お申し込みはこちら

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ