ホーム > 最新記事 > データを読む > 2019年 > ゴルフスタジアムの破産手続きが終了へ

ゴルフスタジアムの破産手続きが終了へ

  • RSS
  • お気に入りに登録する

公開日付:2019.03.27

 ゴルフのレッスンプロが破産を申し立て、2017年7月に東京地裁から破産開始決定を受けた(株)ゴルフスタジアム(TSR企業コード:296139424、登記上:東京都港区、堀新社長、以下:ゴルフ社)の5回目の債権者集会が都内で開かれた。
 ゴルフ社はレッスンプロらに数百万円のゴルフスイング解析ソフトを信販契約で販売していた。レッスンプロらのホームページを無料でゴルフ社が作成し、そこに広告を掲載することで得られる広告料収入でソフト代金をまかなうことで「実質無料」になると勧誘。多くのレッスンプロが契約した。しかし、ゴルフ社の資金繰り悪化から広告料の支払いが滞り、ソフト代金が残ったレッスンプロとトラブルとなっていた。
 債権者集会に参加した「ゴルフスタジアム被害者を守る会」の弁護士は、「全国から被害者が多く集まり、緊張したやり取りがあった」とコメント。集会では、破産管財人から換価業務や調査業務がともに終了したことが説明されたという。
 また、破産手続きとは別に信販会社への民事訴訟が続いている。守る会の弁護士によると、信販会社6社に対し、延べ826名が訴訟に参加。ゴルフ社の破産管財人から提出された資料の分析やレッスンプロへのヒアリングなどを実施した。ヒアリングでは解析ソフトの9割以上が未開封・未使用だったという。
 民事裁判は一番早い訴訟で年内の終結を予定し、遅いものでも来年4月から5月頃の終結を予定している。

ゴルフスタジアム本社入口

ゴルフスタジアム本社入口

(東京商工リサーチ発行「TSR情報全国版」2019年3月28日号掲載「SPOT情報」を再編集)

 TSR情報とは

最新記事・倒産状況に関するお問い合わせ
フォームからお問い合わせ

お問い合わせはこちら

電話・FAXでのお問い合わせ

株式会社東京商工リサーチ 情報部
03-6910-3155

最寄りのTSR支社店へお問い合わせください
支社店一覧
このページを見ている人はこんなページも見ています

重要な経済指標である倒産をベースに国内経済を把握できます。
倒産月報・企業倒産白書

倒産情報や債権者リストなど経営判断に欠かせない情報誌です。
TSR情報誌(倒産情報誌)

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
tsr-van2(インターネット企業情報サービス)

1日2回、最新の倒産情報をメールいたします。
TSR express(TSR情報Web) -倒産情報配信サービス-

負債総額30億円以下の情報も収録!! TSR情報を2週間無料で試読いただけます。※地域によっては最大1ヵ月 お申し込みはこちら

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ