ホーム > 最新記事 > データを読む > 2021年 > 「抜本再生検討率」が過去最高=第18回「新型コロナウイルスに関するアンケート」調査

「抜本再生検討率」が過去最高=第18回「新型コロナウイルスに関するアンケート」調査

  • RSS
  • お気に入りに登録する

公開日付:2021.10.21

 9月30日で緊急事態宣言、まん延防止等重点措置が全面解除された。東京商工リサーチは解除後の10月1日~11日に企業アンケートを実施した。
 中小企業の「廃業検討率」(廃業を検討する可能性)は6.4%で、昨年8月に設問を設定以降で最低だった。一方、再生支援協議会や事業再生ADR、民事再生法などを活用した「抜本再生」の検討可能性は、中小企業の6.9%が「ある」と回答。同様の設問を設定した第14回調査(3月)は5.6%、前回(8月)は5.6%で、前回調査より1.3ポイント上昇。3回の調査では最高となった。
 コロナ禍の収束時期について、「年内」との回答は3.4%にとどまった。「2023年以降」は41.6%(2,709社)で、コロナ禍の影響はまだ1年以上続くと考える企業が多いことがわかった。
 感染再拡大の防止に向けた在宅勤務は、大企業の66.1%が「現在、実施している」と回答したのに対し、中小企業は31.3%にとどまった。また、大企業の49.2%が在宅勤務を制度化していると回答したが、中小企業では22.2%にとどまった。企業規模により25ポイント以上の開きが生じており、コロナ禍での働き方改革の定着は中小企業ほど難しいようだ。

  • 2021年10月1日~11日にインターネットによるアンケート調査を実施、有効回答1万286社を集計、分析した。
    前回(第17回)調査は、2021年8月24日公表(調査期間:8月2日~11日)。
    資本金1億円以上を大企業、1億円未満や個人企業等を中小企業と定義した。

本調査結果の詳細はPDFファイルをご覧ください。

第18回「新型コロナウイルスに関するアンケート」調査[PDF:1.20MB]PDFファイルへのリンクです。


最新記事・倒産状況に関するお問い合わせ
フォームからお問い合わせ

お問い合わせはこちら

電話・FAXでのお問い合わせ

株式会社東京商工リサーチ 情報部
03-6910-3155

最寄りのTSR支社店へお問い合わせください
支社店一覧
このページを見ている人はこんなページも見ています

重要な経済指標である倒産をベースに国内経済を把握できます。
倒産月報・企業倒産白書

倒産情報や債権者リストなど経営判断に欠かせない情報誌です。
TSR情報誌(倒産情報誌)

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
インターネット企業情報サービス(tsr-van2)

1日2回、最新の倒産情報をメールいたします。
TSR express(TSR情報Web) -倒産情報配信サービス-

負債総額30億円以下の情報も収録!! TSR情報を2週間無料で試読いただけます。※地域によっては最大1ヵ月 お申し込みはこちら

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ