こうして倒産した

2023年(令和5年)1月度こうして倒産した・・・
花澤綜合企画(株)
  • 千葉
  • 不動産業、物品賃貸業
負債総額
21億8600万円
 

 花澤綜合企画(株)(TSR企業コード:320565408、法人番号:2040001006197、千葉市緑区土気町401、設立1979(昭和54)年2月、資本金2000万円、花澤知子社長)は12月23日、千葉地裁より破産開始決定を受けた。破産管財人には清水佐和弁護士(せんのは法律事務所、同市中央区中央3-10-6、電話043-441-4400)が選任された。負債総額は21億8600万円。
 県内に3棟の賃貸用マンションを所有し不動産賃貸業を手掛けていた。しかし、過去の積極的な不動産投資により借入金が膨らんでいた。近年は資産売却による債務圧縮を進めてきたが、所有する賃貸用マンションの入居者減から、返済原資となる家賃収入も減少。厳しい資金運営が続いていたなか、業績回復の見通しが立たず、今回の措置となった。

冨士印刷(株)
  • 東京
  • 総合印刷業
負債総額
17億円
 

 冨士印刷(株)(TSR企業コード:360086268、法人番号:4010001121823、千代田区神田三崎町3-4-10、設立1967(昭和42)年7月、資本金4000万円、秋元裕社長)は再度の資金ショートを起こし1月11日、行き詰まりを表面化した。破産手続きを金井暁弁護士(大知法律事務所、千代田区麹町2-3、電話03-6261-2501)ほか4名に一任している。負債総額は17億円。
 1946年に創業した70年以上の業歴を持つ老舗企業。印刷・インライン加工を主力とした総合印刷、カタログキフトの企画・印刷、ノベルティグッズの企画・販売促進などを手掛けていた。製造は埼玉県加須市に設置した埼玉工場で展開し、印刷から製本まで一括受注できる点などを強みとして、ピーク時の1996年6月期には売上高55億1386万円をあげていた。
 しかし、その後はペーパレス化に伴う需要減退により、減収に歯止めが掛からなかった。このため、競争優位性を確保すべく、最新機器を導入するなど設備投資を実施する一方、資産売却による有利子負債の圧縮にも取り組んでいた。
 こうしたなか、近年は「新型コロナウイルス」感染拡大の影響を受けて受注環境が悪化。2022年6月期の売上高は約22億6000万円まで落ち込んだほか、仕入価格や輸送費用の高騰が続き、利益率はさらに低迷。ここにきて資金繰りも限界に達し2023年1月4日、事業を停止した。

(株)FRT企画
  • 福岡
  • 洋菓子・和菓子製造販売
負債総額
15億円
 

 (株)FRT企画(TSR企業コード:870004646、法人番号:2290001011536、福岡市博多区須崎町2-1、登記上:同市中央区大名1-9-33、設立1949(昭和24)年2月、資本金9500万円、代表清算人:石村善之亮氏)は1月10日、福岡地裁より特別清算開始決定を受けた。負債総額は15億円。
 1905(明治38)年創業の老舗菓子製造会社。銘菓「鶴乃子(つるのこ)」でも知られ、先代の石村善悟氏は「ホワイトデー」の発案者であり、和菓子にとどまらず洋菓子など幅広い菓子類を取扱い、経営の多角化に取り組んできた。店舗形態も和菓子専門の「石村萬盛堂」をはじめ、洋菓子の「ボンサンク」、和洋併設郊外店「いしむら」などを出店。フランチャイズ店も展開し、多様なニーズ・地域に対応して業容を拡大。ピークとなる2007年6月期には売上高75億781万円を計上した。
 しかし、近年は同業他社との競合に加え、大手コンビニチェーンのスイーツの品質向上もあり、厳しい業況に陥っていた。このため、2008年6月期より金融機関主導による再建に着手。減収傾向が続き、2017年6月期の売上高は約55億800万円まで落ち込んだうえ、約3億5500万円の赤字を計上し、債務超過額が拡大した。
 2019年6月期には10店舗以上を閉店したこともあり、売上高は約39億3500万円まで減少。同年11月には新宮工場を売却するなど再建に取り組んでいたが、2020年に入り「新型コロナウイルス」感染拡大の影響により、業績がさらに低迷していた。
 こうしたなか、(株)ふくや(TSR企業コード:870046829、法人番号:1290001010159、福岡市博多区、登記上:同市中央区)のグループ企業である(株)かわとし(TSR企業コード:872422399、法人番号:5290001012309、同市博多区)をはじめとするスポンサー企業の支援のもと、2021年9月に設立された(株)SEN企画(現:(株)石村萬盛堂、TSR企業コード:692710884、法人番号:3290001094646、同市博多区)へ事業を移管。当社は2021年10月1日、(株)石村萬盛堂から現商号に変更し2022年11月15日、株主総会の決議により解散していた。

道玄坂管理(株)(旧:惠山(株))
  • 東京
  • 婦人服販売
負債総額
15億円
 

 道玄坂管理(株)(TSR企業コード:292223862、法人番号:2011001007320、世田谷区若林2-9-7、設立1977(昭和52)年6月、資本金5000万円、代表清算人:沖山英嗣氏)は1月18日、東京地裁より特別清算開始決定を受けた。負債総額は15億円。
 惠山(株)の商号でユニフォームの企画・製造・販売を目的に設立した。1994年にアパレル事業本部を発足させ、婦人服・服飾雑貨の製造卸に本格的に参入。10代~30代の女性を主なターゲットとした自社ブランドを展開し、2014年3月期には売上高約102億円をあげていた。
 しかし、婦人服のネット通販が台頭して勢いを増すなか、リアル店舗を軸としていたことから減収が続き、収益性も悪化。不採算店の閉鎖とブランドの売却を進めるなどのリストラを進め、各種ECサイトでの販売に注力して業容見直しを進めた。だが、「新型コロナウイルス」感染拡大の影響による店舗休業や販売不振が続き、2021年3月期の売上高は約24億円まで減少。財務も悪化し、債務超過に陥っていた。
 業況が好転しないことから主要ブランドを他社へ譲渡し、2022年2月末、全事業を終了することを公表。2022年10月14日に現商号に変更し、同日開催の株主総会の決議により解散していた。

戦後歴代の大型倒産

日本の戦後歴代の大型倒産を
負債額順にまとめた記事はこちら

人気記事ランキング

  • TSRデータインサイト

2023年 1月比で金利上昇の企業 16.1% 金利が 0.5% 上昇で 2割超が「借入を断念」

2016年1月に日本銀行がマイナス金利を導入してから8年が経過した。マイナス金利解除の観測が市場に広がるが、すでに企業の借入金利は一部で上昇していることがわかった。

2

  • TSRデータインサイト

2023年の学習塾倒産 過去20年間「最多」の45件 市場拡大も、多様なニーズで「競争激化」

少子化が進むなか、激しい競争が続く学習塾業界では、中小・零細規模の塾の淘汰が続いている。2023年の学習塾の倒産は45件(前年比28.5%増)で、2004年以降の20年間で最多を更新した。

3

  • TSRデータインサイト

「すし店」の倒産が増勢の兆し 2024年1月の「すし店」倒産は5件

コロナ禍が落ち着くと同時に、日本を代表する人気食「すし店」の倒産が増えている。2024年1月の「すし店」倒産(負債1,000万円以上)は、5件(前年同月比400.0%増)だった。月間5件以上は、2020年8月(5件)以来、3年5カ月ぶり。

4

  • TSRデータインサイト

前受金依存度の高い業種 1位は「衣装レンタル」 前受金ビジネスの法的整備が急務

脱毛サロンや英会話学校、貸衣装など、消費者を巻き込んだ前受金ビジネスの危うさが広がっている。 東京商工リサーチは、2022年10月期-2023年9月期に決算を迎えた28万4,575社を対象に、財務諸表に前受金(前受収益を含む)を計上した企業を調査した。

5

  • TSRデータインサイト

足立成和信金と東栄信金が合併検討 合併後はメインバンク数1,365社、都内18位に上昇

日本銀行のマイナス金利解除が関心を集める中、東京都の足立成和信金(足立区)と東栄信金(葛飾区)が合併を検討していることがわかった。

記事カテゴリを表示
記事カテゴリを閉じる

プリントアウト

RSS

CLOSE
TOPへ