ホーム > 最新記事 > データを読む > 2020年 > 東京ドーム 新型コロナが影響し2-10月の純利益は121億6600万円の赤字

東京ドーム 新型コロナが影響し2-10月の純利益は121億6600万円の赤字

  • RSS
  • お気に入りに登録する

公開日付:2020.12.10

 

 新型コロナによる業績不振とTOB(株式公開買い付け)で揺れる(株)東京ドーム(TSR企業コード:290054869、文京区、東証1部)は12月10日、決算短信を公表し2020年2-10月(連結)の純利益が新型コロナでイベントの中止や無観客開催などで121億6600万円の赤字だった。
 2020年2-10月の連結売上高は294億400万円(前年同期比57.5%減)、営業利益は71億6400万円の赤字(前年同期102億2700万円の黒字)、純利益は121億6600万円の赤字(同71億8500万円の黒字)と苦戦した。プロ野球公式戦が当初無観客で実施。段階的に観客を入れているが、期初のイベント中止や延期、営業施設の休業などが響いた。
 東京ドームに対して、三井不動産(株)(TSR企業コード:291023142、東京都中央区)が来年1月18日までTOBを実施している。大株主の香港ファンド「オアシス・マネジメント」が賛同する意向を示し、三井不動産によるTOBは成立しそうだ。三井不動産は、東京ドームを完全子会社化した後、(株)読売新聞グループ本社(TSR企業コード:291006256、千代田区)に東京ドーム株式の20%を譲渡する予定だ。
 東京ドームが9月7日に公表している2021年1月期(連結)の業績予想は据え置き、売上高390億円(前年915億5700万円)、営業利益130億円の赤字(前年117億2800万円の黒字)、純利益180億円の赤字(同80億200万円の黒字)の見通し。


モロゾフ②

‌                          新型コロナで苦戦が続く東京ドーム(TSR撮影)        

最新記事・倒産状況に関するお問い合わせ
フォームからお問い合わせ

お問い合わせはこちら

電話・FAXでのお問い合わせ

株式会社東京商工リサーチ 情報部
03-6910-3155

最寄りのTSR支社店へお問い合わせください
支社店一覧
このページを見ている人はこんなページも見ています

重要な経済指標である倒産をベースに国内経済を把握できます。
倒産月報・企業倒産白書

倒産情報や債権者リストなど経営判断に欠かせない情報誌です。
TSR情報誌(倒産情報誌)

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
インターネット企業情報サービス(tsr-van2)

1日2回、最新の倒産情報をメールいたします。
TSR express(TSR情報Web) -倒産情報配信サービス-

負債総額30億円以下の情報も収録!! TSR情報を2週間無料で試読いただけます。※地域によっては最大1ヵ月 お申し込みはこちら

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ