ホーム > 最新記事 > データを読む > 2019年 > ラグビーワールドカップ 日本代表の大躍進で「桜ジャージ」が品不足

ラグビーワールドカップ 日本代表の大躍進で「桜ジャージ」が品不足

  • RSS
  • お気に入りに登録する

公開日付:2019.10.01

日本代表の大躍進

 1997年からラグビー日本代表チームのジャージを提供している(株)カンタベリーオブニュージーランドジャパン(TSR企業コード:293789096、新宿区、以下カンタベリー)が、日本代表の大躍進で喜びに沸いている。
 ラグビーワールドカップ日本大会で、カンタベリーは日本代表の新レプリカジャージの生産数を強気の前回大会の15倍に増やして準備した。ところが、日本代表が優勝候補のアイルランドに歴史的勝利をあげるなど人気が沸騰し、店舗によっては品切れも発生している。
 カンタベリーの担当者は東京商工リサーチの取材に対し、「日本代表の活躍と日本大会の盛り上がりで(桜ジャージの)在庫が少なくなっている」と話す。ただ、「今から追加生産しても11月までの大会期間中には間に合わない」と申し訳なさそうに語った。
 2連勝と勢いに乗るラグビー日本代表。初戦のロシア戦(東京スタジアム)や2戦目のアイルランド戦(小笠山総合運動公園エコパスタジアム)の観客席は、「桜ジャージ」の赤白で埋め尽くされた。

販売数20万着か

 日本代表の2戦は、数万人のファンが新しい「桜ジャージ」を着用して観戦したとみられる。カンタベリーは生産数を公表しないが、スタジアムで観戦できなかった全国のファンまで含めると、すでに20万着が販売されたとみられる。
 日本代表の予選プールの残り試合は、10月5日(土)のサモア戦(豊田スタジアム)、10月13日のスコットランド戦(横浜国際総合競技場)の2試合となった。初のベスト8に向けて期待は高まるが、最後まで気の抜けない試合が続く。

「桜ジャージ」で心を一つに

   日ごとに人気の高まる「桜ジャージ」、サイズによっては品切れも予想されるという。2大会連続でジャイアントキリング(大番狂わせ)を再現した日本代表の勝利は、もう奇跡ではない。実力で夢の舞台に歩む日本代表の応援に、ファンも「桜ジャージ」で心を一つにする。

品薄状態の日本代表「桜ジャージ」(カンタベリー提供)

‌品薄状態の日本代表「桜ジャージ」(カンタベリー提供)
最新記事・倒産状況に関するお問い合わせ
フォームからお問い合わせ

お問い合わせはこちら

電話・FAXでのお問い合わせ

株式会社東京商工リサーチ 情報部
03-6910-3155

最寄りのTSR支社店へお問い合わせください
支社店一覧
このページを見ている人はこんなページも見ています

重要な経済指標である倒産をベースに国内経済を把握できます。
倒産月報・企業倒産白書

倒産情報や債権者リストなど経営判断に欠かせない情報誌です。
TSR情報誌(倒産情報誌)

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
tsr-van2(インターネット企業情報サービス)

1日2回、最新の倒産情報をメールいたします。
TSR express(TSR情報Web) -倒産情報配信サービス-

負債総額30億円以下の情報も収録!! TSR情報を2週間無料で試読いただけます。※地域によっては最大1ヵ月 お申し込みはこちら

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ