ホーム > 最新記事 > データを読む > 2019年 > ジャパンライフ第2回債権者集会 被害弁護団「(政治家は)政治献金を返金すべき」

ジャパンライフ第2回債権者集会 被害弁護団「(政治家は)政治献金を返金すべき」

  • RSS
  • お気に入りに登録する

公開日付:2019.06.04

 高齢者を中心に健康器具などの「オーナー商法」を展開し、2018年3月に東京地裁から破産開始決定を受けたジャパンライフ(株)(TSR企業コード:291624898、代表取締役:山口隆祥氏)の第2回債権者集会が6月4日、都内で開かれた。
 参加者は、「山口(元会長)が来なかった。話は難しくて良くわからなかった。お金は戻ってくるのでしょうか」と憔悴しながら集会の様子を語った。
 債権者集会の終了後、「全国ジャパンライフ被害弁護団連絡会」が会見した。代表の石戸谷豊弁護士は、「普通の会社の場合は問題ないが、組織的犯罪で被害者から取ったお金を会社側に渡すのはおかしい」と、優先債権となる労働債権の扱いについて問題提起した。
 破産管財人が公表した財団債権(労働債権その他)は、第1回債権者集会時は6億7,109万円だったが、第2回債権者集会では4億6,022万円と評価額が減額された。
 第2回債権者集会の配布資料によると、資産の部は3億5,554万円、負債の部は財団債権だけで8億7,199万円で、一般債権者への配当は難しくなっている。これについて被害弁護団は、「1年に4度の行政処分を受け、今年4月には特定商取引法違反の疑いで強制捜査も行われた。このような被害を原資にした政治献金は許されず、受領すべきでもない。破産管財人に返金されるべき」と、政治献金に関する声明を発表した。
 石戸谷弁護士によると、「破産管財人から政治家の氏名や金額の公表はなかったが、すでに(政治家から)破産管財人へ政治献金を返金したケースもある」という。  第3回債権者集会は、12月18日を予定している。

ジャパンライフ

全国ジャパンライフ被害弁護団連絡会の会見(6月4日)



 TSR情報とは

最新記事・倒産状況に関するお問い合わせ
フォームからお問い合わせ

お問い合わせはこちら

電話・FAXでのお問い合わせ

株式会社東京商工リサーチ 情報部
03-6910-3155

最寄りのTSR支社店へお問い合わせください
支社店一覧
このページを見ている人はこんなページも見ています

重要な経済指標である倒産をベースに国内経済を把握できます。
倒産月報・企業倒産白書

倒産情報や債権者リストなど経営判断に欠かせない情報誌です。
TSR情報誌(倒産情報誌)

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
tsr-van2(インターネット企業情報サービス)

1日2回、最新の倒産情報をメールいたします。
TSR express(TSR情報Web) -倒産情報配信サービス-

負債総額30億円以下の情報も収録!! TSR情報を2週間無料で試読いただけます。※地域によっては最大1ヵ月 お申し込みはこちら

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ