ホーム > 最新記事 > データを読む > 2019年 > 「円安」関連倒産 2014年度は前年度比42.0%増、41都道府県に広がる

「円安」関連倒産 2014年度は前年度比42.0%増、41都道府県に広がる

  • RSS
  • お気に入りに登録する

公開日付:2015.04.08

 外国為替市場では、日銀の追加金融緩和の決定以降は円安に拍車がかかり、一時1ドル=121円台まで円安が進んだ。2015年に入って急速な進行は見られないものの円安基調は続いている。
 円安は輸出企業の収益を押し上げる要因になる一方で、海外からの輸入に頼るエネルギー、資源、食料品など幅広い分野の物価を押し上げ、中小企業の体力を消耗させる恐れがある。
 3月の「円安」関連倒産は17件(前年同月15件)だった。原油価格下落による燃料、石油化学製品の値下がり、製鉄原料下落による鉄鋼製品の価格低下など経営環境が変化するなかで、3カ月ぶりに前年同月を上回った。

円安関連倒産月次推移

2014年度は260件 前年度より4割増

 2014年度(2014年4月-2015年3月)の「円安」関連倒産は260件(前年度比42.0%増、前年度183件)に達し、前年度より4割増になった。四半期別では、2014年4-6月が前年同期比132.3%増(34→79件)、7-9月が同108.8%増(34→71件)と倍増で推移し、年度前半の円相場の急激な為替変動が中小企業の経営を直撃したことを示した。
 こうしたなか、原油価格の下落などを背景に10-12月は同34.0%増(50→67件)と増加幅が縮小し、2015年1-3月は同33.8%減(65→43件)と落ち着いた動きに変わっている。ただし、今後の円相場の推移次第では、倒産が増加する懸念がある。

年度地域別 41都道府県で関連倒産が発生

 2014年度の地域別では、長野、京都、徳島、高知、大分、沖縄を除く41都道府県で「円安」関連倒産が発生した。地区別では、関東94件を筆頭に、中部51件、近畿29件、九州24件、東北15件、北陸13件、北海道12件、中国と四国が各11件と全国に広がっている。
 産業別では、最多が運輸業の85件(前年度比7.5%増、前年度79件)。人件費上昇などで体力が弱体化したところに年度前半の燃料価格の高止まりが影響した。次いで、製造業が56件(同21.7%増、同46件)、卸売業54件(同157.1%増、同21件)、サービス業他23件、小売業18件と続く。

最新記事・倒産状況に関するお問い合わせ
フォームからお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

電話・FAXでのお問い合わせ

株式会社東京商工リサーチ 情報部
03-6910-3155

最寄りのTSR支社店へお問い合わせください
支社店一覧
製品詳細・資料請求・お問い合わせに関して

製品に関する詳細情報、料金体系につきましては、「資料請求・お問い合わせ」ボタンをクリック後、以下の手順でお問い合わせください。

  1. お問い合わせ種別:「お問い合わせ」を選択
  2. お問い合わせの内容:「○○○」(任意:質問事項・要件など)とご記入
  3. ご連絡先:必要事項を入力し、送信してください。
このページを見ている人はこんなページも見ています

重要な経済指標である倒産をベースに国内経済を把握できます。
倒産月報・企業倒産白書

倒産情報や債権者リストなど経営判断に欠かせない情報誌です。
TSR情報誌(倒産情報誌)

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
tsr-van2(インターネット企業情報サービス)

1日2回、最新の倒産情報をメールいたします。
TSR express(TSR情報Web) -倒産情報配信サービス-

負債総額30億円以下の情報も収録!! TSR情報を2週間無料で試読いただけます。※地域によっては最大1ヵ月 お申し込みはこちら

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ