ホーム > 最新記事 > データを読む > 2021年 > レンゴー、大興製紙(会社更生手続き中)のスポンサーに正式合意

レンゴー、大興製紙(会社更生手続き中)のスポンサーに正式合意

  • RSS
  • お気に入りに登録する

公開日付:2021.03.26

 板紙国内大手のレンゴー(株)(TSR企業コード:570222265、大阪市北区、東証1部)は3月26日、大興製紙(株)(TSR企業コード:440024757、富士市、会社更生手続き中)と、事業再生支援に関する合意書を締結したと発表した。レンゴーが大興製紙の第三者割当増資を引き受け、9月1日付で完全子会社とする。
 大興製紙は包装用紙向けクラフト紙の製造大手。需要の落ち込みや原料の高騰、デリバティブ損失の発生などにより2020年3月期まで5期連続の赤字を計上し、今年1月に負債約140億円を抱え、東京地裁に会社更生法の適用を申請していた。
 レンゴーは、クラフト紙の製造拠点を子会社化することで、供給能力を拡充する。

大興製紙本社

大興製紙本社(1月撮影)

  発表後、レンゴーの担当者は東京商工リサーチの取材に応じた。一問一答は以下の通り。

Q.大興製紙のリストラや設備更新の予定は。

A.具体的な内容は決定していない部分もあるが、現時点でリストラは予定していない。老朽化した生産設備は積極的に投資する方針だ。

Q..大興製紙のどういう面を評価して子会社化を決めたのか。また、期待する点は。

A.当社グループはこれまでクラフトパルプ、クラフト紙を生産していなかった。大興製紙は製造機能を持っている。今回の再生支援で、クラフト紙の製造事業に進出することでサプライチェーンの川上の付加価値を取り込むことができる。

Q.どのような支援を予定するか。

A.運転資金を含め、レンゴーから大興製紙に人員(役員を含む)を派遣する。具体的なポジションや人数は未定。

Q.子会社化に際して、資金拠出額は。

A.現時点では非開示とさせていただきたい。

最新記事・倒産状況に関するお問い合わせ
フォームからお問い合わせ

お問い合わせはこちら

電話・FAXでのお問い合わせ

株式会社東京商工リサーチ 情報部
03-6910-3155

最寄りのTSR支社店へお問い合わせください
支社店一覧
このページを見ている人はこんなページも見ています

重要な経済指標である倒産をベースに国内経済を把握できます。
倒産月報・企業倒産白書

倒産情報や債権者リストなど経営判断に欠かせない情報誌です。
TSR情報誌(倒産情報誌)

国内を含めた世界最大級の多彩な企業情報をオンラインでご提供!
インターネット企業情報サービス(tsr-van2)

1日2回、最新の倒産情報をメールいたします。
TSR express(TSR情報Web) -倒産情報配信サービス-

負債総額30億円以下の情報も収録!! TSR情報を2週間無料で試読いただけます。※地域によっては最大1ヵ月 お申し込みはこちら

TSRネットショップ TSRの商品がオンラインで購入できます!

インターネットエラベル TSRがオススメする就職・営業に役立つ地域の優良企業紹介サイト

TSR Express 1日2回の倒産情報配信・検索サービス

メルマガ登録 無料セミナーやイベントを優先的にご案内!

ページの先頭へ