• TSRデータインサイト

2024年1‐2月 上場企業の「早期・希望退職者」募集 大型化で昨年1年間を超える3,613人

2024年1-2月上場企業「早期・希望退職者」実施状況


 2024年1-2月に「早期・希望退職者」を募集した上場企業は、14社(前年同期9社)に達し、前年同期を5社上回った。対象人数は3,613人(前年同期595人)と前年同期の6倍に急増し、2023年(3,161人)の年間実績を452人上回った。
 募集人数は、1,000人以上が2社(構成比14.2%)、500~999人以上が1社(同7.1%)と大型募集があり、この3社で全体の約9割を占めた。大手企業で構造改革が本格化するなか、現状ペースで推移すると2021年(1万5,892人)以来、3年ぶりに1万人を超える可能性も出てきた。

 2024年1-2月の「早期・希望退職者」の募集は、対象人数が判明した14社で3,613人(前年同期595人、判明9社)で前年同期の約6倍に急増した。2024年は2カ月で昨年1年間の3,161人(判明41社)を452人上回った。

 募集を開始した企業の直近本決算(単体)では、黒字が9社(構成比64.2%)と6割を超えた。上場区分では、最多は東証プライムが9社(同64.2%)だった。業種別は、これまでコロナ禍で打撃を受けた業種が中心だったが、コロナ禍の影響を引きずるアパレル関連は1社にとどまり、幅広い業種に分散した。深刻な人手不足のなか、業績回復の目立つ大手企業で「早期・希望退職者」が増えており、大手企業が本格的な構造改革に乗り出した可能性が出てきた。

 経済産業省は、リスキリングなどのキャリアアップ支援事業でキャリア相談や転職支援を後押しするが、大手の構造改革への取り組み次第で「早期・希望退職者」募集はさらに増えそうだ。

※ 本調査は、希望・早期退職者募集の具体的な内容を確認できた上場企業を対象に抽出した。
※ 『会社情報に関する適時開示資料』(2024年2月29日公表分まで)と東京商工リサーチ調査に基づく。

主な上場企業 希望・早期退職者募集状況


業種別 情報通信、電気機器、食料品が最多

 2024年に「早期・希望退職者」募集が判明した上場14社の業種別は、最多が情報通信(前年同期ゼロ)、電気機器(同2社)、食料品(同ゼロ)の各2社だった。
 最多の3業種のうち、情報通信、食料品の2業種が前年同期は募集がなかった。これはコロナの深刻な影響を引きずった前年同期と異なる傾向をみせている。

業種別 情報通信、電気機器、食料品が最多

損益別 14社中9社が黒字企業

 2024年1-2月に「早期・希望退職者」の募集が判明した上場14社(単体)の募集開始の直近通期損益は、黒字が9社、赤字が5社で、全体の64.2%が黒字だった。
 黒字企業9社のうち、7社が東証プライム上場だった。
 一方、赤字の5社では東証プライムは2社にとどまった。赤字企業は、東証スタンダード1社、東証グロース2社と、比較的規模が小さな企業に集中した。業種別では、機械、その他製品、サービス、医薬品、食料品が各1社。

損益別 14社中9社が黒字企業

募集人数 100人以上は5社、1,000人以上は2社

 募集人数(募集時点の人数が非開示の場合、応募人数を適用)では、最多は1~29人の3社(構成比21.4%)。次いで、30~99人、100~299人、1,000人以上が各2社(同14.2%)、500~999人が1社(同7.1%)と続く。
 1,000人以上は、資生堂(募集人数1,500人)とオムロン(同1,000人)の2社だった。500~999人は、セブン&アイ・ホールディングスの1社だった。

募集人数 100人以上は5社、1,000人以上は2社

人気記事ランキング

  • TSRデータインサイト

「美容室」倒産が急増 1‐4月は最多の46件 人件費や美容資材の価格上昇が経営を直撃

コロナ禍を抜けたが、美容室の倒産が急増している。2024年1-4月「美容室」倒産は、累計46件(前年同期比48.3%増)に達した。同期間の比較では、2015年以降の10年間で、2018年と2019年の32件を抜いて最多を更新した。

2

  • TSRデータインサイト

約束手形の決済期限を60日以内に短縮へ 支払いはマイナス影響 約4割、回収では 5割超がプラス影響

これまで120日だった約束手形の決済期限を、60日に短縮する方向で下請法の指導基準が見直される。約60年続く商慣習の変更は、中小企業の資金繰りに大きな転換を迫る。 4月1~8日に企業アンケートを実施し、手形・電子記録債権(でんさい)のサイト短縮の影響を調査した。

3

  • TSRデータインサイト

「人手不足」企業、69.3%で前年よりも悪化 建設業は8割超が「正社員不足」で対策急務

コロナ禍からの経済活動の再活性化で人手不足が深刻さを増し、「正社員不足」を訴える企業が増加している。特に、2024年問題や少子高齢化による生産年齢人口の減少などが、人手不足に拍車をかけている。

4

  • TSRデータインサイト

コロナ破たん累計が1万件目前 累計9,489件に

4月は「新型コロナ」関連の経営破たん(負債1,000万円以上)が244件(前年同月比9.9%減)判明した。3月の月間件数は2023年3月の328件に次ぐ過去2番目の高水準だったが、4月は一転して減少。これまでの累計は9,052件(倒産8,827件、弁護士一任・準備中225件)となった。

5

  • TSRデータインサイト

【破綻の構図】テックコーポレーションと不自然な割引手形

環境関連機器を開発していた(株)テックコーポレーションが3月18日、広島地裁から破産開始決定を受けた。 直近の決算書(2023年7月期)では負債総額は32億8,741万円だが、破産申立書では約6倍の191億円に膨らむ。 突然の破産の真相を東京商工リサーチが追った。

TOPへ