• TSRデータインサイト

インボイス登録件数が400万件超え ~ 10月は月間最多の29万件、個人事業主が駆け込みか ~

 10月1日からインボイス制度がスタートした。10月単月の登録件数は過去最多の29万1,875件で、累計では406万5,616件に達した。10月の登録件数は法人が前月に比べて減少したものの、個人事業主が月間最多の22万6,346件となり、全体を押し上げた。9月までに駆け込み申請した個人事業主の登録手続きが進捗した結果とみられる。
 国税庁の適格請求書発行事業者サイトの公表データを基に、東京商工リサーチ(TSR)が集計・分析した。

個人事業主の駆け込み

 個人事業主は課税売上高1,000万円未満で、消費税の納付義務のない「免税事業者」が多い。インボイス登録すると、消費税の納付義務が生じることから、登録件数が伸び悩んでいた。
 法人は個人事業主と比べて登録ペースが速く、2022年11月には月間最多を記録し、以降は登録件数が落ち着いていた。
 個人事業主の登録件数の推移をみると、2023年3月に月間18万835件と急増したが、7月は7万403件まで落ち込むなど乱高下していた。しかし、8月以降は10月1日の制度開始が迫り、登録ペースが急ピッチで進捗した。取引先からの登録要請や制度の浸透などが登録増加の背景にあるとみられる。9月は月間登録件数が16万4,424件と過去2番目の高水準に達した。制度が始まった10月は、駆け込みで申請した個人事業主の登録手続きが進み、22万6,346件と過去最多を更新した。
 一方で、法人は2023年5月以降、6カ月連続で月間10万件を下回った。登録を予定していた法人の大半は登録完了したとみられる。



 インボイス制度が始まり、初めての月末が過ぎた。請求書発行や領収書の処理が本番を迎えたが、一部では混乱も聞かれる。  
 なかでも、領収書や請求書が要件を満たさなかったり、会計システム上の想定外のエラー、11月から課税事業者の登録による免税・課税の両方で処理が必要など、経理担当者の気苦労は絶えない。
 また、飲食店やタクシー、貸駐車場などの利用を巡って困惑も生まれている。一時的なサービス利用後に登録事業者ではないことがわかり、経費の精算などで制度開始前は必要なかった手間が発生しているようだ。
 一方で、「インボイス登録済」を積極的にPRする事業者も多く、「付加価値」の側面すら帯びている。

インボイス制度登録件数 月次推移


(東京商工リサーチ発行「TSR情報全国版」2023年11月17日号掲載「WeeklyTopics」を再編集)

人気記事ランキング

  • TSRデータインサイト

2024年5月の「道路貨物運送業」倒産 大幅増の46件 コストアップと「2024年問題」が直撃、4月以降は前年比2倍超

厳しい経営環境に置かれる道路貨物運送業の倒産が急増している。2024年5月の「道路貨物運送業」の倒産は46件(前年同月比119.0%増)で、5月としては2005年以降の20年間で最多を更新した。

2

  • TSRデータインサイト

最新の「赤字法人率」、過去最小の64.8%に低下 最小は佐賀県、コロナ禍が地域や業種の明暗分ける

国税庁が2024年公表の「国税庁統計法人税表」によると、2022年度の赤字法人(欠損法人)は189万5,402社だった。普通法人(292万2,972社)の赤字法人率は64.8%で、年度ごとの集計に変更された2007年度以降では2021年度の65.34%を下回り、最小を更新した。

3

  • TSRデータインサイト

2024年1-5月「人手不足」関連倒産 118件 「従業員退職」「求人難」の急増で初の100件超

深刻な人手不足が企業活動の足かせになってきた。2024年1-5月の「人手不足」関連倒産は累計118件(前年同期比110.7%増)だった。調査を開始した2013年以降、 1-5月で最多の2019年(65件)を大きく上回り、初めて100件を超えた。

4

  • TSRデータインサイト

堀正工業(株) ~約50行を欺いた粉飾、明細書も細かく調整する「執念」 ~

東京には全国の地域金融機関が拠点を構えている。今回はそれら金融機関の担当者が対応に追われた。最大54行(社)の金融機関やリース会社から融資を受けていた老舗ベアリング商社の堀正工業(株)(TSR企業コード:291038832、東京都)が7月24日、東京地裁から破産開始決定を受けた。

5

  • TSRデータインサイト

2023年の「個人情報漏えい・紛失事故」が年間最多 件数175件、流出・紛失情報も最多の4,090万人分

2023年に上場企業とその子会社が公表した個人情報の漏えい・紛失事故は、175件(前年比6.0%増)だった。漏えいした個人情報は前年(592万7,057人分)の約7倍の4,090万8,718人分(同590.2%増)と大幅に増えた。社数は147社で、前年から3社減少し、過去2番目だった。

TOPへ