こうして倒産した

2018年(平成30年)4月度こうして倒産した・・・
(株)スマートデイズ
  • 東京
  • シェアハウスサブリース
負債総額
60億3500万円
 

 (株)スマートデイズ(TSR企業コード:294730672、法人番号:4010001148478、中央区銀座1-7-10、設立平成24年8月、資本金11億20万円、代表取締役:赤間健太氏)は4月9日、東京地裁に民事再生法の適用を申請した。申請代理人は、南賢一弁護士(西村あさひ法律事務所、千代田区大手町1-1-2、電話03-6250-6200)ほか。監督委員には、清水裕介弁護士(ひいらぎ総合法律事務所、中央区銀座8-9-11、電話03-3573-1578)が選任された。
 負債総額は債権者911名(うちシェアハウス等のオーナーは675名)に対して60億3500万円。
 女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」や男性向けシェアハウス「ステップクラウド」を一般オーナー向けに販売し、管理運営を受託する「サブリース」の業態で事業を展開。オーナーに対する金融機関の積極的な融資姿勢もあり、平成25年7月期に4億4500万円だった売上高が29年3月期には316億9600万円にまで伸長していた。
 しかし、シェアハウス供給を急拡大した結果、需給バランスが崩れるなどして入居率が低下。資金繰りに支障をきたし、29年10月にオーナーに対してサブリース賃料の減額を通知した。30年1月中旬には、都内でオーナー向け説明会を開き、1月以降の賃料支払いの目途が立たないことを公表していた。
 これに前後して、1月12日に大地則幸氏が代表取締役を辞任し、(株)オーシャナイズ(TSR企業コード:296564656、法人番号:1011001054487、東京都港区)の社長を務める菅澤聡氏が代表取締役へ就任。代表交代後、東京商工リサーチの取材に対し、「オーナー様方へ一定水準のサブリース金額を継続してお支払いさせていただけるように、事業提携を含めた再建計画を近日中にお出しする予定」と回答していた。
 しかし、その後も資金繰りは改善せず、今回の事態となった。なお、菅澤聡氏は4月3日付で「一身上の理由」(関係筋)で代表取締役を退き、赤間健太氏が代表取締役に就任している。

OSGアセットマネージメント合同会社
  • 東京
  • 投資運用業
負債総額
37億6600万円
 

 OSGアセットマネージメント合同会社(TSR企業コード:300062737、法人番号:3010003018044、台東区台東1-38-9、設立平成25年1月、資本金10万円、代表社員:鈴木修氏)と関連会社3社は4月5日、東京地裁に破産を申請した。破産管財人には松田耕治弁護士(シティユーワ法律事務所、千代田区丸の内2-2-2、電話03-6212-5500)が選任された。負債総額はOSGアセットマネージメントが債権者113名に対して37億6600万円、4社合計で53億100万円。
 投資運用業を行っていた。一般個人から資金を集め、FXトレーダーに運用を委託し、高い配当を続けていた。平成29年3月ごろにトレーダーの虚偽報告が発覚したことで事業継続が困難となり、私的整理を進めていたが、訴訟を提起されるなどトラブルとなったため、法的処理を選択した。なお、同時に破産開始決定を受けた3社は以下の通り。
合同会社ジュピター(TSR企業コード:015149862、法人番号:3010903002758、同所、設立平成27年6月、資本金2000万円、代表社員:同氏)の負債総額は債権者49名に対して8億3500万円。
合同会社K・O・T(TSR企業コード:300540817、法人番号:6010403011694、同所、設立平成26年5月、資本金100万円、代表社員:同氏)の負債総額は債権者112名に対して6億9000万円。
(株)OSGホールディングス(TSR企業コード:294315993、法人番号:6010001063452、中央区日本橋箱崎町16-1、設立平成10年12月、資本金4億円、同社長)の負債総額は1000万円。

(株)プラクシス
  • 東京
  • 経営コンサルタントほか
負債総額
23億7500万円
 

 (株)プラクシス(TSR企業コード:010388915、法人番号:4011001045277、中央区銀座7-13-12、設立平成9年4月、資本金1000万円、金谷年展社長)は4月3日、東京地裁に破産を申請した。破産管財人には萱場健一郎弁護士(萱場健一郎法律事務所、港区西新橋1-15-1、電話03-5157-5665)が選任された。負債総額は23億7500万円。
 経営コンサルタント業として、企業戦略等PRやセミナー・イベント等の企画などを行い、大手企業を中心に事業基盤を築いていた。また、金谷社長はシンクタンクでの経験を活かし環境・エネルギー問題に関する著書も多数あり、メディアへの露出が多かった。
 積極的な事業展開により平成29年10月期の売上高は77億4002万円をあげていたが、従来からの金融依存度も高く余裕のない資金繰りが続き、取引先に支払遅延も発生していた。

(株)プレミアバンク
  • 神奈川
  • 投資運用業
負債総額
20億円
 

 (株)プレミアバンク(TSR企業コード:298581655、法人番号:5010401091517、横浜市神奈川区栄町11-4、設立平成22年12月、資本金3500万円、真山壮社長)は4月19日、東京地裁より破産開始決定を受けた。破産管財人には片山英二弁護士(阿部・井窪・片山法律事務所、東京都中央区八重洲2-8-7、電話03-3273-2600)が選任された。負債総額は個人投資家を中心に債権者約270名に対して約20億円。
 有価証券や不動産、海外ファンドなどを主な投資対象とし、過去の投資実績から一定の投資顧客を抱えていた。海外ファンドにも積極的に投資を行ってきたが、海外ファンドの動向が悪化し、元本割れとなる案件も多く発生した。このため、顧客離れが進み、業績悪化から資金繰りは悪化。ここにきて事業継続が困難になり法的手続きに踏み切った。

(株)エスキス
  • 広島
  • 自動車部品製造ほか
負債総額
18億7000万円
 

 (株)エスキス(TSR企業コード:742193551、法人番号:2240001024303、広島市西区三篠町2-6-4、設立平成22年6月、資本金500万円、丸重元紀社長)と、関連の(株)エスキスプラスチック(TSR企業コード:742269914、法人番号:2240001044747、同所、設立平成25年9月、資本金300万円、同社長)は3月30日、広島地裁から破産開始決定を受けた。破産管財人には兒玉浩生弁護士(兒玉法律事務所、同市中区白島北町3-14、電話082-227-2200)が選任された。負債は、エスキスが18億7000万円、エスキスプラスチックが7億9600万円、2社合計26億6600万円。
 エスキスは平成19年5月、新車・中古車販売、車検・修理、板金塗装などを目的として「マッキナ・ギャラリー」の屋号で創業し、その後、自動車部品・電子部品・各種樹脂などの製造を手掛けるようになった。26年9月には白木工場を開設し、射出成型機を積極的に導入して生産能力を高め、大手には対応できない小ロット生産、短納期にも対応し、27年5月期にはピークとなる売上高約8億円を計上した。
 その後、主力受注先からの受注が減少したため、新規取引先からの受注確保に取り組んだが、落ち込みをカバーするには至らず、29年5月期の売上高は7億円を割り込み、採算性も悪化していた。
 エスキスプラスチックは工業材料、工業製品の製造販売などを目的として設立したが、実質的には稼働していなかった。エスキスは積極的な設備投資などから多額の借入を抱え、今後受注回復の見通しも立たないことから、2社ともに29年10月末で事業を停止していた。

戦後歴代の大型倒産

日本の戦後歴代の大型倒産を
負債額順にまとめた記事はこちら

人気記事ランキング

  • TSRデータインサイト

2024年度 「賃上げ実施予定率」、過去最高の 85.6% 賃上げ率の最多は 3%で「前年を上回る賃上げ」に届かず

2024年度に賃上げ予定の企業は85.6%で、定期的な調査を開始した2016年度以降の最高を更新した。ただ、規模別の実施率では、大企業(93.1%)と中小企業(84.9%)で8.2ポイントの差がつき、賃上げを捻出する体力や収益力の差で二極化が拡大している。

2

  • TSRデータインサイト

「2024年問題」直前の軽貨物運送業 倒産と休廃業・解散の合計が3年連続で過去最多

ドライバー不足が懸念される「2024年問題」が間近に迫るなか、宅配などを担う「軽貨物運送業(貨物軽自動車運送業)」の2023年の倒産(49件)と休廃業・解散(74件)の合計が過去最多の123件に達したことがわかった。

3

  • TSRデータインサイト

商業登記規則の省令改正問題、与信態度が硬化も 金融・保険業の5割超が「与信管理がしにくくなる」と回答

商業登記簿に代表者の住所が記載されなくなるかもしれない。商業登記規則の省改正令は、6月3日施行の予定で、すでにパブリックコメント受付も終了している。果たして、予定通り実施されるのか。

4

  • TSRデータインサイト

2023年度の「賃上げ」実施、過去最大の84.8% 「賃上げ率」5%超、中小企業が37.0%で大企業を上回る

2023年度の賃上げは、企業の84.8%が実施(予定含む)した。これは官製春闘で賃上げ実施率が8割を超えていたコロナ禍前の水準を超え、2016年度以降の8年間では最大となった。コロナ禍で実質賃金が目減りするなか、物価上昇に見舞われて高まった賃上げ機運が賃上げ実施率を押し上げたようだ。

5

  • TSRデータインサイト

企業の 7割で「原材料価格」、「人件費」などコスト上昇 人件費増加分は「転嫁できていない」がほぼ半数

物価高や円安、エネルギー価格の高止まりなど、アフターコロナ局面でも厳しい経営環境が続いている。今年1月の本業に係るコストが前年1月より「増加した」と回答した企業は、73.6%と7割を超えた。

記事カテゴリを表示
記事カテゴリを閉じる

プリントアウト

RSS

CLOSE
TOPへ