こうして倒産した

2017年(平成29年)10月度こうして倒産した・・・
(株)日商
  • 宮城
  • 土木・とび・土工工事
負債総額
37億9400万円
 

 (株)日商(TSR企業コード:142315400、法人番号:8370001020457、仙台市青葉区木町17-15、設立平成23年6月、資本金4500万円、熱海宏憲社長、従業員120名)は10月2日、仙台地裁に破産を申請した。申請代理人は、中野竜河弁護士(シチズンシップ法律事務所、同市青葉区一番町1-16-23、電話022-796-7647)ほか。負債総額は37億9400万円。
 東日本大震災後の災害復旧工事などの受注に支えられ完工高は飛躍的に伸び、24年8月期に2億8053万円だった完工高は、27年8月期には15億6018万円まで伸長した。28年8月期も福島県内における除染工事などを手掛け、完工高は21億3750万円を計上した。
 しかし、29年8月期に入り特需の一服から急激に受注が減少。10億円を超える建設機械への投資を銀行借入金やリースで対応していたため、想定以上の業績悪化から資金繰りが悪化して事業継続を断念した。

KE(株)(旧:共立エステート(株))
  • 広島
  • 不動産業
負債総額
36億5200万円
 

 KE(株)(TSR企業コード:740028235、法人番号:9240001002748、広島市中区大手町4-6-16、設立昭和19年4月、資本金1億円、代表清算人:坂本竜二氏)は10月23日、広島地裁から特別清算開始決定を受けた。負債総額は36億5200万円。
 昭和12年創業の県内トップクラスの総合建設会社で、ピーク時には売上高224億4291万円を計上していた。平成12年頃には大規模な開発事業「西風新都リフレッシュパーク(伴北工業団地約10万坪)」を造成したが、分譲計画が遅れマンション開発を手掛ける建築部門の受注も伸び悩んでいた。こうしたなか、19年4月に関連会社の広島リアルエステート(株)(TSR企業コード:740415085、広島市)が特別清算、20年2月には(株)アジャクス(TSR企業コード:351056360、横浜市)が破産したことで不良債権が発生し財務内容が悪化した。
 このため、21年6月に建設部門を広島クリエイト(株)(現:(株)共立、TSR企業コード:742146863、法人番号: 2240001020913、広島市)へ分割し、当社は債務返済を進めるための資産管理会社として共立エステート(株)に商号を変更した。残余不動産の売却を進め、債務整理に一定のめどが立ったことから、現商号に変更し今回の措置となった。

(株)システムジュウヨン
  • 大阪
  • 生活雑貨品販売
負債総額
33億2200万円
 

 (株)システムジュウヨン(TSR企業コード:570665833、法人番号:8120001064941、大阪市北区天神橋3-7-9、設立昭和59年12月、資本金3000万円、石田勝彦社長、従業員131名)は10月27日、大阪地裁へ民事再生法の適用を申請した。申請代理人は中紀人弁護士(金子・中・橋本法律特許事務所、同市北区西天満4-3-25、電話06-6364-6411)ほか3名。監督委員には野上昌樹弁護士(弁護士法人大江橋法律事務所、同市北区中之島2-3-18、電話06-6208-1500)が選任された。負債総額は33億2200万円。
 老舗の生活雑貨小売業者で、当初は家庭用家具業を手掛けていたが、平成に入ってからは衣料品をはじめ寝具、バスグッズ、キッチン用品などの家庭用雑貨の取扱をメインとしてきた。
 ハイセンスなパリ市民の生活を手本とし「合理的かつ楽しいライフスタイル」を提案する「ママイクコ」ブランド(店舗名)を中心に、北海道から沖縄までの全国の大型ショッピングモールなどにフランチャイズを含めて162店舗を運営していた。
 積極的な店舗展開から業容は順調に拡大路線を辿り、平成20年8月期には売上高約75億3600万円を計上していた。
 最近は、店舗拡大にも関わらず業績が頭打ちとなり、28年8月期の売上高は約68億6000万円にとどまり、1億5051万円の赤字となった。積極的な店舗展開に伴い借入金への依存が高く、資金繰り緩和のために金融機関から返済猶予措置を含む支援を受けるなどしていた。
 しかし、バンクミーティングで実質的に大幅な債務超過となっていることが判明し、金融機関からの支援継続に厳しい目が注がれていた。再建策として赤字店舗の閉鎖や役員報酬の削減などを示していたが、追加の資金調達が困難となり、事業継続の見通しが立たなくなった。

戦後歴代の大型倒産

日本の戦後歴代の大型倒産を
負債額順にまとめた記事はこちら

人気記事ランキング

  • TSRデータインサイト

2024年度 「賃上げ実施予定率」、過去最高の 85.6% 賃上げ率の最多は 3%で「前年を上回る賃上げ」に届かず

2024年度に賃上げ予定の企業は85.6%で、定期的な調査を開始した2016年度以降の最高を更新した。ただ、規模別の実施率では、大企業(93.1%)と中小企業(84.9%)で8.2ポイントの差がつき、賃上げを捻出する体力や収益力の差で二極化が拡大している。

2

  • TSRデータインサイト

「2024年問題」直前の軽貨物運送業 倒産と休廃業・解散の合計が3年連続で過去最多

ドライバー不足が懸念される「2024年問題」が間近に迫るなか、宅配などを担う「軽貨物運送業(貨物軽自動車運送業)」の2023年の倒産(49件)と休廃業・解散(74件)の合計が過去最多の123件に達したことがわかった。

3

  • TSRデータインサイト

商業登記規則の省令改正問題、与信態度が硬化も 金融・保険業の5割超が「与信管理がしにくくなる」と回答

商業登記簿に代表者の住所が記載されなくなるかもしれない。商業登記規則の省改正令は、6月3日施行の予定で、すでにパブリックコメント受付も終了している。果たして、予定通り実施されるのか。

4

  • TSRデータインサイト

2023年度の「賃上げ」実施、過去最大の84.8% 「賃上げ率」5%超、中小企業が37.0%で大企業を上回る

2023年度の賃上げは、企業の84.8%が実施(予定含む)した。これは官製春闘で賃上げ実施率が8割を超えていたコロナ禍前の水準を超え、2016年度以降の8年間では最大となった。コロナ禍で実質賃金が目減りするなか、物価上昇に見舞われて高まった賃上げ機運が賃上げ実施率を押し上げたようだ。

5

  • TSRデータインサイト

企業の 7割で「原材料価格」、「人件費」などコスト上昇 人件費増加分は「転嫁できていない」がほぼ半数

物価高や円安、エネルギー価格の高止まりなど、アフターコロナ局面でも厳しい経営環境が続いている。今年1月の本業に係るコストが前年1月より「増加した」と回答した企業は、73.6%と7割を超えた。

記事カテゴリを表示
記事カテゴリを閉じる

プリントアウト

RSS

CLOSE
TOPへ