• TSRデータインサイト

2024年1‐5月の「介護事業者」の倒産 72件に急増 上半期の過去最高を上回る、深刻な人手不足と物価高

2024年1-5月「老人福祉・介護事業」の倒産調査


 2024年に入り、介護事業者の倒産が急増している。介護職員の人手不足と物価高に伴う運営コストの増加が主な要因だ。2024年1-5月の「介護事業者(老人福祉・介護事業)」の倒産は、累計72件(前年同期比75.6%増)に達した。すでに年上半期(1-6月)の過去最多だった2020年の58件を上回った。
 介護報酬がマイナス改定の「訪問介護」は34件(同61.9%増)、小幅なプラス改定にとどまった「通所・短期入所」22件(同46.6%増)、「有料老人ホーム」9件(同350.0%増)と、いずれも上半期の過去最多を5月で上回った。介護報酬のアップも人手不足や物価高のコストアップに追い付かない実態を示している。

 2024年1-5月に倒産した「介護事業者(老人福祉・介護事業)」の72件のうち、販売不振(売上不振)が57件(構成比79.1%)と約8割を占めた。また、従業員10人未満が55件(同76.3%)、破産など消滅型が69件(同95.8%)と、事業継続を断念する小規模事業者が多いことがわかった。

 介護業界は、もともとヘルパーなど介護職員の高齢化が進み、慢性的な人手不足に陥っていた。大手事業者との競合や他業種からの参入も市場競争の激化を促していた。さらに、コロナ禍で経営悪化に拍車がかかり、倒産が加速した。上半期倒産は2020年に過去最多を記録したが、その後はゼロゼロ融資などのコロナ関連支援の効果で抑制されていた。
 だが、コロナ禍が落ち着き、支援策の終了と同時に人手不足が再燃した。他業種の賃上げで賃金格差が広がり、介護職員の人材難がさらに深刻化した。介護職員のベースアップなど処遇改善にも取り組むが、採用難と離職は歯止めが掛からずにいる。また、光熱費や燃料、介護用品などの物価高で運営コスト増も無視できない。ゼロゼロ融資などコロナ禍の支援が過剰債務を招き、財務悪化で新たな資金調達が難しい事業者も多く、複合的な要因が経営を圧迫している。

 2024年度の介護報酬はプラス1.59%だったが、マイナス改定の「訪問介護」を中心に、基本報酬が想定ほど上がらず、事業継続をあきらめた倒産が押し上げている可能性もある。人手不足や物価高などの根本的な問題は単独では解決できないだけに、しばらくは倒産の増勢が続きそうだ。

※ 本調査は、「老人福祉・介護事業」を対象に集計した。内訳は、有料老人ホーム、通所・短期入所介護事業、訪問介護事業、その他に分類した。
※ 本調査は、介護保険制度が始まった2000年から、負債1,000万円以上の倒産を集計している。


介護業界の倒産が過去最多             

 2024年1-5月の「老人福祉・介護事業」の倒産は72件(前年同期比75.6%増)で、すでに上半期(1-6月)ベースで、最多件数だった2020年の58件を大幅に上回った。

 業種別では、「訪問介護」が34件(前年同期比61.9%増)、「通所・短期入所」が22件(同46.6%増)、「有料老人ホーム」が9件(同350.0%増)、その他が7件(同133.3%増)の順。

 上半期ベースで、業種別の過去最多は訪問介護が32件(2019年)、通所・短期入所介護が18件(2017年、18年、20年、23年)、有料老人ホームが8件(2022年)で、それぞれ1-5月で上回った。

「老人介護・福祉事業」の倒産件数(1-5月)

人気記事ランキング

  • TSRデータインサイト

法人としての「レナウン」が消滅へ

2020年11月27日に東京地裁から破産開始決定を受けた(株)レナウン(TSR企業コード:295833440、江東区)が消滅する。今年8月に最後配当を実施し、年内に破産手続きが終結するため。7月10日には第5回債権者集会を開催していた。法人としての名門レナウンが名実ともに消滅する。

2

  • TSRデータインサイト

2023年の「個人情報漏えい・紛失事故」が年間最多 件数175件、流出・紛失情報も最多の4,090万人分

2023年に上場企業とその子会社が公表した個人情報の漏えい・紛失事故は、175件(前年比6.0%増)だった。漏えいした個人情報は前年(592万7,057人分)の約7倍の4,090万8,718人分(同590.2%増)と大幅に増えた。社数は147社で、前年から3社減少し、過去2番目だった。

3

  • TSRデータインサイト

2024年上半期の「病院・クリニック」倒産は18件 過去20年で3番目、競合やコストアップが経営を圧迫

 2024年上半期(1-6月)の「病院・クリニック」の倒産は18件(前年同期比50.0%増)で、上半期では過去20年で2009年(26件)、2007年(19件)に次ぐ、3番目の高水準だった。

4

  • TSRデータインサイト

都道府県を跨ぐ企業の本社移転は1万3,701社 転入超過トップは千葉県、2位は茨城県

 コロナ禍を抜け、企業の本社および本社機能の移転の動きが活発化している。2023年度に都道府県を跨ぐ本社・本社機能の移転が判明した企業は1万3,701社(前年度比3.3%増)で、前年度から増加した。

5

  • TSRデータインサイト

上半期の「飲食業倒産」、過去最多の493件 淘汰が加速し、「バー・キャバレー」「すし店」は2倍に

飲食業の倒産が増勢を強めている。2024年上半期(1-6月)の飲食業倒産(負債1,000万円以上)は493件(前年同期比16.2%増、前年同期424件)で、2年連続で過去最多を更新した。現在のペースで推移すると、年間では初めて1,000件超えとなる可能性も出てきた。

TOPへ