• TSRデータインサイト

紳士服専門店タカキュー、REVICによる再生支援 = イオンとの業務・資本提携解消 金融機関へ債権放棄を要請

 1月25日、紳士服専門店を経営する(株)タカキュー(TSR企業コード:290308623、東証スタンダード)が地域経済活性化支援機構(REVIC)へ再生支援を申請し同日、支援決定を受けたと発表した。金融機関から約15億円の債権放棄と約5億円の債務の株式化(DES)などで事業再生を進める意向。

 タカキューは2024年2月末までに債務超過を解消できなかった場合、監理銘柄(確認中)に指定される見込みだが、金融支援後に東証の審査を経て、解除される可能性もある。

 ビジネススーツを主体とした紳士服専門店「TAKA-Q(タカキュー)」で知られ、需要拡大を背景に全国にチェーン展開を加速。ピークとなる1990年2月期は売上高853億5900万円をあげていた。1992年8月にジャスコ(株)(現:イオン(株)、TSR企業コード:570095140、東証プライム)と業務・資本提携契約を締結し、イオンの持分法適用関連会社(出資比率33.2%)となった。以降、イオン系列のショッピングモールなどへの出店を中心に多店舗化を進め、全国300店舗以上を展開した。
 しかし、競争激化や近年は新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、業績が悪化。2022年2月期には債務超過へ転落していた。

 同日、イオンとの業務及び資本提携の解消に合意したことも公表。イオングループ各社との間で現在行っている賃貸借契約などの連携は今後も継続していく予定という。タカキューの2024年2月期の業績予想は売上高102億円、当期純利益は1億2,000万円の赤字を見込んでいる。


再生支援が決定したタカキュー看板(TSR撮影)

再生支援が決定したタカキュー看板(TSR撮影)

人気記事ランキング

  • TSRデータインサイト

「歯医者さん」の倒産 2024年上半期は15件、前年の2.5倍に急増、過去最多ペースで推移

「コンビニより数が多い」歯科診療所の倒産が急増している。2024年上半期(1-6月)の倒産は15件(前年同期比150.0%増)で、前年の2.5倍に達した。過去20年間で最多だった2018年同期(17件)に次ぐ水準で、現状ペースで推移すると年間の過去最多(2018年、25件)を更新する可能性も出てきた。

2

  • TSRデータインサイト

2024年上半期の「介護事業者」の倒産 最多の81件 訪問介護、デイサービス、有料老人ホームがそろって急増

深刻な人手不足と物価高が介護事業者(老人福祉・介護事業)に、重しとなっている。2024年上半期(1-6月)の「介護事業者」の倒産は81件(前年同期比50.0%増)で、介護保険法が施行された2000年以降、最多件数を更新した。これまでの最多は、コロナ禍の2020年の58件だった。

3

  • TSRデータインサイト

上半期(1‐6月)上場企業の「早期退職」5,364人で年間1万人ペース、黒字企業が約6割

2024年上半期(1-6月)に「早期・希望退職募集」が判明した上場企業は36社(前年同期24社)で、前年同期の1.5倍に達した。対象人員も5,364人(同1,486人)と同3.6倍に大幅に増え、すでに2023年1年間の3,161人を上回り、3年ぶりに年間1万人超が現実味を帯びてきた。

4

  • TSRデータインサイト

2024年上半期の「ゼロゼロ融資」利用後倒産は327件 倒産の増勢を維持、高止まりで推移

2024年上半期(1-6月)のゼロゼロ融資(実質無利子・無担保融資)を利用した企業の倒産は、327件(前年同期比0.6%増)で、前年同期とほぼ横ばいで推移した。ただ、2023年下半期(7-12月)と比べて17件増加しており、増勢ペースが続いている。

5

  • TSRデータインサイト

上半期の「学習塾」の倒産 過去最多の26件 少子化のなか新規参入が相次ぎ、競争が激化

2024年上半期(1-6月)の「学習塾」倒産は26件(前年同期比18.1%増)で、2000年以降の上半期では2012年の23件を超え、過去最多を記録した。 これまで学習塾の倒産は中小企業が中心だったが、大手塾にも広がってきた。

TOPへ