• TSRデータインサイト

コロナ禍前から「増収」は59.1%、規模で差が拡大 中小企業は「人手の確保」が成長戦略のカギ

~ 「成長戦略に関するアンケート」調査 ~

 経済活動がアフターコロナにシフトし、企業の戦略はコロナ禍の業績維持・回復から売上拡大へ変化している。東京商工リサーチは12月にアンケート調査を実施した。5年前の2018年と、コロナ禍を経た2023年の業績を比較すると、売上が伸びた「増収」企業は59.1%と、約6割あることがわかった。
 今後の戦略では、売上拡大を「(追及)する」は約8割(77.8%)、「しない」は約2割(22.1%)あった。コロナ禍を経て、企業の戦略も売上一辺倒から変化をみせている。
 売上高が伸びた「増収」要因は、「既存販売先への拡販に注力」(37.2%)と「新規販売先の開拓に注力」(33.4%)がそれぞれ3割を超えた。次いで、「人員増強」(29.3%)も約3割を占めた。今後の成長戦略は、「人員増強」(47.7%)が、トップの「新規販売先の開拓に注力」(52.2%)に次ぐ高水準となっている。また、増収要因と成長戦略のいずれも、「人員増強」と回答した割合は中小企業が大企業を上回っており、中小企業は特に、人材確保が成長への不可欠な要素と認識しているようだ。
 今後の事業者支援は、増収に向けた販路拡大、新規開拓を柱にしながら、人材確保から円滑な廃業まで、それぞれのフェーズに見合った支援が重要になっている。



Q1.貴社の直近の売上高は、5年前(2018年前後)を「100」とすると、どの程度でしたか?

コロナ禍前を超える「増収」の企業が約6割

 コロナ禍前の5年前(2018年前後)の売上高と比較し、「増収」の企業は59.1%(4,926社中、2,912社)と約6割を占めた。売上高のレンジ別で見ると、最多は10%以下の増収の「101~110」が21.3%(1,050社)だった。次いで、横ばいから10%未満の減収の「91~100」が17.9%(885社)、20%以下の増収の「111~120」の16.4%(810社)だった。
 規模別では、「増収」だったのは大企業が63.7%(530社中、338社)に対して、中小企業が58.5%(4,396社中、2,574社)で、増収企業率は大企業が5.2ポイント上回った。一方、5年前と比べ売上高が8割以下にとどまったのは、大企業が5.8%(31社)、中小企業は12.1%(535社)で、中小企業が6.3ポイント上回り、中小企業ほどコロナ禍を引きずっていることを示す。

Q1.貴社の直近の売上高は、5年前(2018年前後)を「100」とすると、どの程度でしたか?

本調査結果の詳細はPDFファイルをご覧ください。

  • ※本調査は、2023年12月1日~11日にインターネットによるアンケート調査を実施し、有効回答4,926社を集計・分析した。
    ※資本金1億円以上を大企業、1億円未満(個人企業等を含む)を中小企業と定義した。

本調査結果の詳細はPDFファイルをご覧ください。

「成長戦略に関するアンケート」調査[PDF:941KB]>

人気記事ランキング

  • TSRデータインサイト

2023年度の運送業倒産345件に急増 人手不足・燃料高で採算悪化

 2023年度の道路貨物運送業の倒産は、件数が345件(前年度比31.1%増、前年度263件)で、3年連続で前年度を上回った。年度で件数が300件台に乗ったのは2014年度以来9年ぶりとなる。

2

  • TSRデータインサイト

【破綻の構図】テックコーポレーションと不自然な割引手形

環境関連機器を開発していた(株)テックコーポレーションが3月18日、広島地裁から破産開始決定を受けた。 直近の決算書(2023年7月期)では負債総額は32億8,741万円だが、破産申立書では約6倍の191億円に膨らむ。 突然の破産の真相を東京商工リサーチが追った。

3

  • TSRデータインサイト

借入金利「引き上げ」、許容度が上昇 日銀のマイナス金利解除で企業意識に変化

3月19日、日本銀行はマイナス金利解除やイールドカーブ・コントロール(長短金利操作)の撤廃を決めた。マイナス0.1%としてきた短期の政策金利を、0~0.1%へ変更し、利上げに踏み切った。 東京商工リサーチは4月1~8日に企業アンケートを実施し、企業の資金調達への影響を探った。

4

  • TSRデータインサイト

2023年度の飲食業倒産、過去最多を更新し930件に 「宅配・持ち帰り」「ラーメン店」「焼肉店」「居酒屋」が苦境

コロナ禍が落ち着き、人流や訪日外国人も戻ってきたが、飲食業はゼロゼロ融資の返済や食材価格・光熱費の上昇、人手不足などが押し寄せ、コロナ禍前より厳しさを増している。

5

  • TSRデータインサイト

「お花見、歓迎会・懇親会」の開催率29.1% 慣習的な開催は限界? 訪日外国人と仲間うちが活況

新型コロナの5類移行からほぼ1年。今年の桜開花には人が押し寄せ、各地でコロナ前の賑やかなお花見が戻ったように見えたが、実際は様子が異なる。 4月上旬に実施した企業向けアンケート調査で、2024年の「お花見、歓迎会・懇親会」の開催率は29.1%で3割に届かなかった。

TOPへ