• TSRデータインサイト

支援慣れとモラルハザード=2023年を振り返って(3)

 コロナ禍の資金繰り支援は、「過剰債務」以外の副作用も生んだ。TSRは全国の労働局が10月31日までに公表した「雇用調整助成金」(以下、雇調金)等の不正受給企業を収集・分析した。不正受給で公表された件数は803件で、重複公表を排除すると799社の不正が明らかになった。コロナ禍での雇用維持を目的に、助成率・上限額が拡大されたが、雇調金の申請では事業実態や雇用状況を偽ったケースが相次いだ。
 支援のあり方も検証すべき時期を迎えている。TSRが今年6月に実施した企業アンケートによると、コロナ禍での企業支援策を「評価する」と回答した企業は45.1%と半数に届かなかった。ただ、支援策別の支持率(「評価する」と回答した割合)は、持続化給付金や家賃支援給付金、雇調金などの返済義務のないものが5割を超えた。「リスケ型」支援の支持率は8.8%にとどまり、「支援は受けるが、事後チェックは不要」とも読み取れる結果だ。
 また、TSRの企業データベースを基に、コロナ禍の前後で、メインバンクの変更有無による業績・財務の変化を調べた。すると、「変更あり」企業は借入総額・平均月商倍率の増加割合が「変更なし」企業を上回り、経常利益率の改善幅は下回った。「貸すも親切、貸さぬも親切」を地で行くメインバンクが「貸さぬ」判断をすると、一部の企業は他行へメイン替えした可能性がある。新たなメインバンクが深度ある対話に基づき、中長期的な展望に立った判断をすれば問題はないが、今回の分析結果は必ずしもそうではない示唆を含んでいる。
 コロナ支援は果たして誰を救ったのか。時間の経過とともに実相が浮かび上がる。

人気記事ランキング

  • TSRデータインサイト

2024年1-5月「税金(社会保険料含む)滞納」倒産81件 前年同期の約3倍に急増、年間では過去最多ペース

税金や社会保険料の滞納が、事業継続の支障になりつつある。 「税金(社会保険料含む)滞納」を一因とする倒産は、新型コロナが5類に移行した2023年は10月から毎月10件以上発生したが、2024年は5月までに合計81件と前年同期の2.8倍に急増。2015年以降の10年間の1-5月累計では最多を記録した。

2

  • TSRデータインサイト

新型コロナ破たん 5月は274件が判明(5月31日現在)

5月は「新型コロナ」関連の経営破たん(負債1,000万円以上)が274件(前年同月比6.6%増)判明した。3月の月間件数は2023年3月の328件に次ぐ過去2番目の高水準だったが、4月は一転して減少。5月は再び増加へ転じた。

3

  • TSRデータインサイト

2024年1‐5月の「介護事業者」の倒産 72件に急増 上半期の過去最高を上回る、深刻な人手不足と物価高

2024年に入り、介護事業者の倒産が急増している。介護職員の人手不足と物価高に伴う運営コストの増加が主な要因だ。2024年1-5月の「介護事業者(老人福祉・介護事業)」の倒産は、累計72件(前年同期比75.6%増)に達した。すでに年上半期(1-6月)の過去最多だった2020年の58件を上回った。

4

  • TSRデータインサイト

2024年5月の「道路貨物運送業」倒産 大幅増の46件 コストアップと「2024年問題」が直撃、4月以降は前年比2倍超

厳しい経営環境に置かれる道路貨物運送業の倒産が急増している。2024年5月の「道路貨物運送業」の倒産は46件(前年同月比119.0%増)で、5月としては2005年以降の20年間で最多を更新した。

5

  • TSRデータインサイト

2024年5月の「物価高」倒産 87件に急増 コロナ禍以降の物価高騰で月間最多を更新

物価上昇スピードに追いつかない価格転嫁、人件費や借入返済などのキャッシュアウトでコストアップに耐え切れない倒産が右肩上がりで増加している。「物価高」に起因する倒産は87件(前年同月比47.4%増)と、コロナ禍以降で最多を更新した。一方、負債総額は194億4,100万円(同90.0%減)。

TOPへ