• プレスリリース

Amazon Web Servicesを利用した調査レポートの無料納品開始および紙の調査レポートの配送有料化について

現在、株式会社東京商工リサーチでは自然環境保護の推進のため、紙の削減や配送による二酸化炭素の低減を考慮してクラウドサービスによる納品を進めております。その一環で、TSR REPORTなどの調査レポートを電話、FAX、メールでご依頼いただいた場合、従来の納品方法に加えて、Amazon Web Services(以下、「AWS」と称し、詳細は別途記載)を利用した納品サービス(無料)を開始させていただきます。
一方で、紙の調査レポートの納品に関しましては、配送料や人件費など送付に掛かる費用が年々高騰すると共に、業務効率化による費用圧縮も難しい状況にあり、有料とさせていただくことといたしました。
何卒、諸般の事情をご賢察いただき、今後とも変わらぬご高配を賜りますようお願い申し上げます。

1. 変更日

2024年7月1日(月)ご発注分から

2. 対象

下記商品のうち、電話、FAX、メールでご発注いただいたケースが対象となります。
tsr-van2でご発注いただいたレポートは、従来通りtsr-van2でのお受け取りのため対象外となります。

対象商品 AWS納品 紙での配送を選択された場合 代行処理料
①TSR REPORT(新規調査・コピー) 無料 1,000円
②ミドルレポート 無料 1,000円
③海外調査のうち
モンゴル、ニューカレドニア、 ウォーリス&フツナ島
無料 1,000円
④海外調査のうち上記③以外の国・地域 無料 3,000円 (従来通り)

※①~③は調査レポート1件につき1,000円(税抜き)をご請求させていただきます

※④は代行処理料に配送料も含まれており、別途配送料はご請求いたしません

3. AWSによる納品方法(無料)

  • ①調査レポートはAWSクラウドストレージに格納します
  • ②お客様にご指定いただいたメールアドレスに対して調査レポートのダウンロードメールが届きます
  • ③メールに記載されたリンク先をクリックいただくと、AWSクラウドストレージに遷移します
  • ④パスワードを設定します
  • ⑤AWSクラウドストレージから調査レポート(PDF)をダウンロードいただきます

※詳細なマニュアル等は後日、改めてご連絡いたします

4. Amazon Web Services(AWS)について

Amazon Web Servicesとは、米国Amazon Web Services, Inc.がインターネット上(クラウド)のサーバーで提供しているコンピューティング機能(※)を利用するクラウドコンピューティングプラットフォームです。AWSは優れたセキュリティを保持し、世界の軍隊、国際展開している銀行、およびその他高い機密性を求められる組織のセキュリティを満たすように構築されています。

※ストレージ、処理能力、データベース、ネットワーキング、分析、人工知能、ソフトウェアアプリケーションなど

5. お問合せ先

弊社営業担当者

お問合せはこちら

人気記事ランキング

  • TSRデータインサイト

2024年1-5月「税金(社会保険料含む)滞納」倒産81件 前年同期の約3倍に急増、年間では過去最多ペース

税金や社会保険料の滞納が、事業継続の支障になりつつある。 「税金(社会保険料含む)滞納」を一因とする倒産は、新型コロナが5類に移行した2023年は10月から毎月10件以上発生したが、2024年は5月までに合計81件と前年同期の2.8倍に急増。2015年以降の10年間の1-5月累計では最多を記録した。

2

  • TSRデータインサイト

新型コロナ破たん 5月は274件が判明(5月31日現在)

5月は「新型コロナ」関連の経営破たん(負債1,000万円以上)が274件(前年同月比6.6%増)判明した。3月の月間件数は2023年3月の328件に次ぐ過去2番目の高水準だったが、4月は一転して減少。5月は再び増加へ転じた。

3

  • TSRデータインサイト

2024年1‐5月の「介護事業者」の倒産 72件に急増 上半期の過去最高を上回る、深刻な人手不足と物価高

2024年に入り、介護事業者の倒産が急増している。介護職員の人手不足と物価高に伴う運営コストの増加が主な要因だ。2024年1-5月の「介護事業者(老人福祉・介護事業)」の倒産は、累計72件(前年同期比75.6%増)に達した。すでに年上半期(1-6月)の過去最多だった2020年の58件を上回った。

4

  • TSRデータインサイト

2024年5月の「道路貨物運送業」倒産 大幅増の46件 コストアップと「2024年問題」が直撃、4月以降は前年比2倍超

厳しい経営環境に置かれる道路貨物運送業の倒産が急増している。2024年5月の「道路貨物運送業」の倒産は46件(前年同月比119.0%増)で、5月としては2005年以降の20年間で最多を更新した。

5

  • TSRデータインサイト

2024年5月の「物価高」倒産 87件に急増 コロナ禍以降の物価高騰で月間最多を更新

物価上昇スピードに追いつかない価格転嫁、人件費や借入返済などのキャッシュアウトでコストアップに耐え切れない倒産が右肩上がりで増加している。「物価高」に起因する倒産は87件(前年同月比47.4%増)と、コロナ禍以降で最多を更新した。一方、負債総額は194億4,100万円(同90.0%減)。

記事カテゴリを表示
記事カテゴリを閉じる

プリントアウト

RSS

CLOSE
TOPへ