• TSRからのお知らせ

「ターゲティングDB」取材ご協力のお願い

東京商工リサーチでは、年1回、全国の上場企業及び未上場の売上高上位の企業様へ情報システム及び経営企画のご担当者様に関する電話調査をさせていただいております。

近年のめまぐるしい経営環境の変化やネットワーク化により、各企業の経営企画部門・情報システム部門を取り巻く環境も大きく変化し、それに伴って求められる役割も変わってきております。このような劇的な環境変化に俊敏に対応するためには、最新の業界動向やテクノロジーなどに関する情報をいち早く取り入れることが必要となります。

そこで、弊社のネットワークを通して(第三者提供)、DX(デジタルトランスフォーメーション)など戦略策定の一助となる有益な情報の提供や無料セミナーのご案内を行なっていくため、部門のご担当責任者様のお名前を確認させていただきたく、ご連絡を申し上げた次第です。ご担当者様の情報をご提供いただくことにより、弊社と契約のある企業(大手メーカー・ベンダー)様からもセミナー情報や最新の製品、サービスなどの有益なご案内を受けることが可能となります。

お預かりしましたデータは、弊社サービス「ターゲティングDB」に収録させていただきます。お手元に届く情報は、あくまで法人ビジネスとしての目的のみとなっており、ご担当者様個人への目的で使用することは一切ございません。

必ず皆様のビジネスのお役に立てるものと存じますので、何卒調査の趣旨をご理解いただき、是非ご協力賜りますよう、お願い申し上げます。

情報システム/経営企画部門担当者データベース(ターゲティングDB)

調査取材ご協力のお願い

個人情報の取り扱いについて



電話でのお問い合わせ

ターゲティングDB2024担当
TEL:03-6832-1100

8/1以降 TEL:03-6910-3111 もしくは、お問い合わせフォームからお問い合わせください
受付時間:9:00~17:00(土日祝日、会社特休日を除く)

人気記事ランキング

  • TSRデータインサイト

2024年1-5月「税金(社会保険料含む)滞納」倒産81件 前年同期の約3倍に急増、年間では過去最多ペース

税金や社会保険料の滞納が、事業継続の支障になりつつある。 「税金(社会保険料含む)滞納」を一因とする倒産は、新型コロナが5類に移行した2023年は10月から毎月10件以上発生したが、2024年は5月までに合計81件と前年同期の2.8倍に急増。2015年以降の10年間の1-5月累計では最多を記録した。

2

  • TSRデータインサイト

新型コロナ破たん 5月は274件が判明(5月31日現在)

5月は「新型コロナ」関連の経営破たん(負債1,000万円以上)が274件(前年同月比6.6%増)判明した。3月の月間件数は2023年3月の328件に次ぐ過去2番目の高水準だったが、4月は一転して減少。5月は再び増加へ転じた。

3

  • TSRデータインサイト

2024年1‐5月の「介護事業者」の倒産 72件に急増 上半期の過去最高を上回る、深刻な人手不足と物価高

2024年に入り、介護事業者の倒産が急増している。介護職員の人手不足と物価高に伴う運営コストの増加が主な要因だ。2024年1-5月の「介護事業者(老人福祉・介護事業)」の倒産は、累計72件(前年同期比75.6%増)に達した。すでに年上半期(1-6月)の過去最多だった2020年の58件を上回った。

4

  • TSRデータインサイト

2024年5月の「道路貨物運送業」倒産 大幅増の46件 コストアップと「2024年問題」が直撃、4月以降は前年比2倍超

厳しい経営環境に置かれる道路貨物運送業の倒産が急増している。2024年5月の「道路貨物運送業」の倒産は46件(前年同月比119.0%増)で、5月としては2005年以降の20年間で最多を更新した。

5

  • TSRデータインサイト

2024年5月の「物価高」倒産 87件に急増 コロナ禍以降の物価高騰で月間最多を更新

物価上昇スピードに追いつかない価格転嫁、人件費や借入返済などのキャッシュアウトでコストアップに耐え切れない倒産が右肩上がりで増加している。「物価高」に起因する倒産は87件(前年同月比47.4%増)と、コロナ禍以降で最多を更新した。一方、負債総額は194億4,100万円(同90.0%減)。

記事カテゴリを表示
記事カテゴリを閉じる

プリントアウト

RSS

CLOSE
TOPへ