ホーム > 最新記事 > TSR速報(大型倒産情報・注目企業動向) > ジョイハウス(株)

大型倒産(原則負債総額30億円以上)および注目企業の動向
TSR速報

2021/07/13(火)

破産開始決定

負債総額約30億円

大阪 不動産・商業施設賃貸管理 ジョイハウス(株)

~阪神尼崎駅前の複合商業施設「アマゴッタ」など不動産管理を手掛けていた~

※画像は実際の企業と関係はありません

 ジョイハウス(株)(TSR企業コード:571804950、法人番号:8120002050313、大阪市西区立売堀1-7-12、設立2001(平成13)年12月、資本金300万円、日向利幸社長)は7月1日、大阪地裁より破産開始決定を受けた。破産管財人には佐藤吉浩弁護士(佐藤吉浩法律事務所、同市北区西天満5-9-7、電話06-6361-8080)が選任された。
 負債総額は約30億円。

 商業施設を中心とする不動産の賃貸管理業者。2004年、当社が主体となって阪神尼崎駅前の複合商業施設「アマゴッタ」を開設(取得は2011年)。さらに、2012年に奈良県北葛城郡の「レインボープラザ西大和」、2013年には京都府宇治市の「レインボー小倉」の不動産を取得するなど大型投資を実施し、この間の2012年11月期には売上高4億6302万円をあげていた。
 しかし、資金負担は重く、経営は次第に悪化。そうしたなか、2014年から2015年にかけて所有施設を信託による証券化し、さらに2016年には宅建業許可登録も廃業。業容を大きく縮小していた。
 2018年には「レインボー小倉」の中核テナントであるスーパーが撤退し、以降も店舗の流出が続き、債権者からは差押登記がなされるなど厳しい状況を露呈。「レインボープラザ西大和」も同様にテナントの流出が相次ぎ、2018年以降は差押登記がなされるなどして先行きが注目されていたところ、債権者より破産を申し立てられ、今回の措置となった。

全国最新トピックス

01月19日号
(有)大分ツアーシステム 【大分】 旅行代理業
01月17日号
(株)未来建設 【熊本】 土木工事
01月13日号
ミナト製薬(株) 【東京都】 健康食品製造販売
01月12日号
青木商事(株) 【愛知】 ネットカフェ・ゲームセンター運営
01月06日号
(株)セントラル ~その2~ 【岩手】 建設機械リースほか

TSR速報 地区版 Map

Twitter

TSR公式SNS

TSR公式Twitter
TSR公式Facebook
YouTube TSR公式チャンネル”

ページの先頭へ