ホーム > 最新記事 > TSR速報(大型倒産情報・注目企業動向) > (株)さくらソフトほか1社

大型倒産(原則負債総額30億円以上)および注目企業の動向
TSR速報

2021/05/06(木)

破産開始決定

負債総額2社合計3億4000万円

千葉 ゲームソフト・アプリ企画開発 (株)さくらソフトほか1社

~「帝国戦記」などのオンラインゲーム運営で知られる~

※画像は実際の企業と関係はありません

 (株)さくらソフト(TSR企業コード:320659690、法人番号:5040001011343、千葉市花見川区検見川町3-316-2、設立1998(平成10)年5月、資本金3000万円、大槻一彦社長)は4月7日、関連の(株)まかねソフト(TSR企業コード:136194338、法人番号:3260001034588、岡山県岡山市北区錦町5-10、設立2020(令和2)年7月、資本金1000万円、同社長)は4月14日、千葉地裁より破産開始決定を受けた。破産管財人には金城未来彦弁護士(プライム法律事務所、千葉市中央区中央3-9-9)が選任された。
 負債は、さくらソフトが約2億1000万円、まかねソフトが約1億3000万円で、2社合計約3億4000万円。

 さくらソフトは、千葉県の学生エンジニアがSI事業を目的に設立。その後、携帯向け通信販売サイトのシステム開発を開始し、2010年からはモバイルゲーム市場に参入した。「モンスター☆モンスター」「神装!!ヴァルキリーカード」「帝国戦記」などをリリースし、2014年8月期には売上高約15億円を計上。2017年4月には初のスマートフォン向けアプリ「アルスラーン戦記 戦士の資格」をリリースしていた。
 関連のまかねソフトは、東証1部上場・KLab(株)(TSR企業コード:294341269、法人番号:7010401041924、東京都港区)の岡山事業所を分割して設立。2020年8月1日付でさくらソフトが全株式を買い取り、同社の子会社としてゲームタイトルの開発および運用を開始した。
 しかし、ここ数年は同業者との競争が厳しさを増すなか、ヒット作にも恵まれず、さくらソフトの2018年8月期の売上高は約9億円まで落ち込んだ。2021年8月期に入り取締役2名の辞任や本社を移転するなどして経費削減を図ったものの、業績および資金繰りの改善には至らず、債務弁済が困難な状況に陥ったことから、まかねソフトとともに今回の措置となった。

全国最新トピックス

06月07日号
(株)ちきたく 【埼玉】 空調・給湯設備企画卸
06月03日号
(株)藤栄工業 【島根】 建築工事
06月02日号
(株)トリオ東部販売 【千葉】 パチンコ景品卸売
06月01日号
(株)MICOTOテクノロジー 【鳥取】 医療・福祉ロボット研究開発
05月26日号
(株)パネイル 【東京】 電力需給管理システム開発ほか

TSR速報 地区版 Map

Twitter

TSR公式SNS

TSR公式Twitter
TSR公式Facebook
YouTube TSR公式チャンネル”

ページの先頭へ