ホーム > 最新記事 > TSR速報(大型倒産情報・注目企業動向) > 出萌(株)ほか2社

大型倒産(原則負債総額30億円以上)および注目企業の動向
TSR速報

2018/12/05(水)

破産申請へ

負債総額現在調査中

福岡 ピーナッツスプラウト製造・販売ほか 出萌(株)ほか2社

~ピーナッツスプラウト(もやし)の生産で業容を拡大していた~

※画像は実際の企業と関係はありません

 出萌(株)(TSR企業コード:872032310、法人番号:8290001023897、糸島市二丈深江字宮小路973、設立平成16年4月、資本金9800万円、岩橋孝行社長)と、関連会社のいずも食品加工(株)(TSR企業コード:872505740、法人番号:2290001065747、同市二丈深江2545-1、設立平成26年3月、資本金7000万円、同社長)、(株)糸島ファーム(TSR企業コード:872453979、法人番号:3290001061233、同市二丈深江2545-1、設立平成24年11月、資本金300万円、同社長)は11月30日までに事業を停止し、破産手続きを吉成外史弁護士ほか1名(あかつき弁護士事務所、東京都港区赤坂3-2-12、電話03-5574-7791)に一任した。
 負債は、出萌が約25億5000万円(平成30年3月期決算時点)。ほか2社は調査中。

 ピーナッツスプラウト(もやし)の生産や食料品の加工・販売を目的に設立。平成17年8月、佐賀県三養基郡みやき町に自社工場を開設し、もやしの需要増と市場の供給不足を背景に、20年9月福岡県糸島市に福岡工場、24年2月佐賀第2工場、25年に佐賀第3工場を開設するなど、生産能力を強化していた。
 もやし以外にも近年は椎茸・トマト等の栽培・加工・販売、キャベツ・玉ねぎ等の契約栽培品、豆腐商品の仕入・販売等を手掛けて業容を拡大。ベンチャーキャピタルからの出資も得て、27年3月期、28年3月期中には千葉県に関東工場、和歌山県に和歌山工場を逐次開設してさらに生産体制を増強し、近年は飲食店事業にも進出していた。
 関東・関西圏にも商圏を広げ、29年3月期には売上高26億6628万円を計上していたが、売上拡大に対して設備投資の負担が大きく、借入金の返済原資となる利益確保に苦戦していた。こうしたなか、不正会計が発覚したほか、30年に入ってからは台風21号の影響で椎茸の生産に打撃を受けるなど、業況は悪化。9月には佐賀第2工場を売却する一方、スポンサー企業を探していたが難航し、先行きの見通しが立たず11月末までに事業を停止し、今回の措置となった。
 いずも食品加工は、九州産野菜を原料にした惣菜販売や6次化事業体として国産野菜チップスの製造販売を手掛けていた。糸島ファームは、就労継続支援A型事業所を運営していたが、2社ともに出萌と同様の措置となった。

全国最新トピックス

06月07日号
(株)ちきたく 【埼玉】 空調・給湯設備企画卸
06月03日号
(株)藤栄工業 【島根】 建築工事
06月02日号
(株)トリオ東部販売 【千葉】 パチンコ景品卸売
06月01日号
(株)MICOTOテクノロジー 【鳥取】 医療・福祉ロボット研究開発
05月26日号
(株)パネイル 【東京】 電力需給管理システム開発ほか

TSR速報 地区版 Map

Twitter

TSR公式SNS

TSR公式Twitter
TSR公式Facebook
YouTube TSR公式チャンネル”

ページの先頭へ