全国企業倒産状況

2023年10月の全国企業倒産793件

10月の企業倒産 19カ月連続で増加、前年の年間件数を超える

 2023年10月度の全国企業倒産(負債額1,000万円以上)は、件数が793件(前年同月比33.0%増)、負債総額は3,080億1,000万円(同254.0%増)だった。
 件数は、2022年4月から19カ月連続で前年同月を上回った。また、5月から700件台で推移して、1-10月累計は7,073件に達し、前年の年間件数(6,428件)を超えた。
 負債総額は、2カ月連続で前年同月を上回った。10月度では2010年の5,200億5,000万円以来、13年ぶりに3,000億円を超えた。負債100億円以上が6件(前年同月1件)、同50億円以上100億円未満が7件(同1件)と大型倒産が大幅に増加し、負債を押し上げた。
 「新型コロナウイルス」関連倒産は263件(前年同月比12.3%増)で、2023年1-10月累計は2,623件(前年同期比42.9%増)と前年同期の1.4倍と大幅に増加した。

 アフターコロナを迎え、コロナ禍で傷んだ企業はゼロゼロ融資の返済や過剰債務の解消、新たな資金調達、物価高、人手不足など、重い経営課題が山積している。
 業績の二極化が拡大するなか、業績不振から抜け出せない企業の自助努力には限界があり、支援の網から漏れた企業は資金調達も難しくなっている。資金需要が旺盛になる年末を控え、こうした企業の「息切れ」を中心に、企業倒産はさらに増勢を強める可能性が高まっている。

企業倒産月次推移



・形態別件数:破産が707件。法的倒産の構成比は95.9%
・都道府県別件数:前年同月を上回ったのが30都道府県、減少17県、同数0
・負債別件数:負債1億円未満の構成比74.0%、100億円以上は今年最多の6件
・業種別件数:印刷・同関連業、汎・生産・業務用機械器具製造業などが増加
・従業員数別件数:従業員10人未満の構成比89.4%、5カ月連続で80%台
・中小企業倒産(中小企業基本法に基づく)は99.8%

◇倒産データ分析:https://www.tsr-net.co.jp/news/data_analysis/index.html

産業別 2カ月ぶりに10産業すべてで前年同月を上回る

 2023年10月の産業別件数は、10産業すべてで前年同月を上回った。10産業すべてが前年同月を上回るのは8月以来、2カ月ぶりで、今年2度目。
 最多はサービス業他の255件(前年同月比32.1%増)で、14カ月連続で前年同月を上回った。月次倒産に占める構成比は32.1%(前年同月32.3%)だった。
 次いで、資材価格の高止まりが続く建設業が164件(前年同月比76.3%増)で10カ月連続、ウクライナ情勢や円安の影響による仕入コストが上昇している製造業が103件(同27.1%増)で15カ月連続で、それぞれ前年同月を上回った。
 このほか、情報通信業27件(同35.0%増)が13カ月連続、小売業81件(同1.2%増)が6カ月連続、運輸業34件(同17.2%増)が5カ月連続、不動産業27件(同35.0%増)が3カ月連続、農・林・漁・鉱業11件(同175.0%増)と卸売業89件(同17.1%増)、金融・保険業2件(前年同月ゼロ)が2カ月ぶりに、それぞれ前年同月を上回った。
 10産業すべて1-10月累計でも前年同期を上回っている。また、10月までに農・林・漁・鉱業、卸売業の2産業を除く8産業は前年の年間件数を超えており、ほぼすべての産業で倒産は増勢を強めている。

2023年10月 産業別倒産状況

主要産業倒産件数推移

主なサービス業他 倒産状況

主なサービス業他 倒産月次推移

地区別 東北、北陸、九州を除く、6地区で前年同月を上回る

 2023年10月の地区別件数は、9地区のうち、6地区で前年同月を上回った。
 関東323件(前年同月比57.5%増)が、2022年5月より18カ月連続で前年同月を上回った。このほか、近畿196件(同45.1%増)が11カ月連続、中部92件(同6.9%増)と中国40件(同73.9%増)が6カ月連続、四国18件(同100.0%増)が5カ月連続、北海道28件(同40.0%増)が2カ月ぶりに、それぞれ前年同月を上回った。
 一方、北陸8件(同38.4%減)が2カ月連続、東北33件(同29.7%減)が7カ月ぶり、九州55件(同5.1%減)が16カ月ぶりに、それぞれ前年同月を下回った。
 1-10月累計では9地区そろって前年同期を上回っている。四国の前年同期比64.2%増を筆頭に、中国の同56.1%増、中部の同45.4%増と大幅に増加し、北陸を除く8地区はすでに前年の年間件数を超えた。都道府県別でも1-10月累計は、43都道府県で前年同期を上回った。

2023年10月 都道府県別倒産


※地区の範囲は以下に定義している。
東北(青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)
関東(茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、新潟、山梨)
中部(長野、岐阜、静岡、愛知、三重)
北陸(富山、石川、福井)
近畿(滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山)
中国(広島、岡山、山口、鳥取、島根)
四国(香川、徳島、愛媛、高知)
九州(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄)

当月の主な倒産

[負債額上位5社]
1.(株)ガイア/東京都/パチンコ店経営/943億5,500万円/民事再生法
2.(株)MG建設/東京都/建築工事/214億5,000万円/民事再生法
3.(株)MG/東京都/パチンコホール/174億8,800万円/民事再生法
4.(株)ガイア・ビルド/東京都/建築工事/155億1,600万円/民事再生法
5.(株)トポスエンタープライズ/千葉県/物流倉庫事業/115億4,100万円/民事再生法

人気記事ランキング

  • TSRデータインサイト

2024年1-5月「税金(社会保険料含む)滞納」倒産81件 前年同期の約3倍に急増、年間では過去最多ペース

税金や社会保険料の滞納が、事業継続の支障になりつつある。 「税金(社会保険料含む)滞納」を一因とする倒産は、新型コロナが5類に移行した2023年は10月から毎月10件以上発生したが、2024年は5月までに合計81件と前年同期の2.8倍に急増。2015年以降の10年間の1-5月累計では最多を記録した。

2

  • TSRデータインサイト

新型コロナ破たん 5月は274件が判明(5月31日現在)

5月は「新型コロナ」関連の経営破たん(負債1,000万円以上)が274件(前年同月比6.6%増)判明した。3月の月間件数は2023年3月の328件に次ぐ過去2番目の高水準だったが、4月は一転して減少。5月は再び増加へ転じた。

3

  • TSRデータインサイト

2024年1‐5月の「介護事業者」の倒産 72件に急増 上半期の過去最高を上回る、深刻な人手不足と物価高

2024年に入り、介護事業者の倒産が急増している。介護職員の人手不足と物価高に伴う運営コストの増加が主な要因だ。2024年1-5月の「介護事業者(老人福祉・介護事業)」の倒産は、累計72件(前年同期比75.6%増)に達した。すでに年上半期(1-6月)の過去最多だった2020年の58件を上回った。

4

  • TSRデータインサイト

2024年5月の「道路貨物運送業」倒産 大幅増の46件 コストアップと「2024年問題」が直撃、4月以降は前年比2倍超

厳しい経営環境に置かれる道路貨物運送業の倒産が急増している。2024年5月の「道路貨物運送業」の倒産は46件(前年同月比119.0%増)で、5月としては2005年以降の20年間で最多を更新した。

5

  • TSRデータインサイト

2024年5月の「物価高」倒産 87件に急増 コロナ禍以降の物価高騰で月間最多を更新

物価上昇スピードに追いつかない価格転嫁、人件費や借入返済などのキャッシュアウトでコストアップに耐え切れない倒産が右肩上がりで増加している。「物価高」に起因する倒産は87件(前年同月比47.4%増)と、コロナ禍以降で最多を更新した。一方、負債総額は194億4,100万円(同90.0%減)。

TOPへ