• TSRデータインサイト

忘・新年会「実施予定率」は54.4% 企業の「忘年会離れ」が顕著

2023年「忘・新年会に関するアンケート」調査


 ことし5月に新型コロナウィルス感染症が5類に移行してから、初めての年末年始を迎える。コロナ禍で自粛が広がった忘・新年会だが、今シーズンの実施予定率は54.4%にとどまることがわかった。都道府県別では、最高は沖縄県の78.7%、最低は埼玉県で41.1%だった。
 企業主導の忘・新年会は参加人数が多く、客単価も高額になりやすく、二次会需要も期待される。実施動向は飲食店や食材、酒類の卸売など、関連業種の経営だけでなく、地域経済にも波及しかねない。本格的なシーズンを前に、飲食店や関連業種は、例年以上に地域動向や常連先の動きの見極めが欠かせない。

 企業の「忘・新年会離れ」が進んでいる。「コロナ禍前は実施していたが、コロナ禍の今回は実施しない」と回答した企業は21.8%にのぼった。その理由について、「参加に抵抗感を示す従業員が増えたため」が42.2%に達し、「忘・新年会が労働時間としてカウントされる恐れがあるため」も10.0%あった。
 コロナ禍で定例イベントが再考されたことに加え、ワークライフバランスやコンプライアンス意識の高まりも実施率に影響しているようだ。行動様式の変化や多様性、法令順守の意識は、企業や働く人の間で広がりをみせている。飲食店や関連業種もこうした世の中の変化を受け止め、新たな需要を呼び込む努力も求められている。

※ 本調査は、2023年10月2日~10日、企業を対象にインターネットによるアンケート調査を実施し、有効回答4,747社を集計、分析した。
※ 資本金1億円以上を大企業、1億円未満(個人企業等を含む)を中小企業と定義した。


Q1.貴社は、2023年末の「忘年会」、または2024年初の「新年会」を開催しますか?コロナ禍前(2019年末の「忘年会」、または2020年初の「新年会」)との比較で回答ください(択一回答) 

◇今シーズンの忘・新年会 「実施する」は54.4%
 最多は、「コロナ禍前も実施しており、今回も実施する」の36.2%(4,747社中、1,721社)。また、「コロナ禍前は実施していなかったが、今回は実施する」は18.2%(865社)で、これを合わせた今シーズンに忘・新年会を「実施する」は54.4%と、かろうじて過半数を超えた。
 一方、「コロナ禍前は実施しておらず、今回も実施しない」は23.6%(1,122社)、「コロナ禍前は実施していたが、今回は実施しない」は21.8%(1,039社)で、今シーズンは「実施しない」は45.5%だった。
 規模別では、大企業の「実施する」は57.8%(596社中、345社)、中小企業は53.9%(4,151社中、2,241社)だった。

今シーズンの忘・新年会 「実施する」は54.4%

Q2.Q1で「コロナ禍前も今回も実施する」と回答された方に伺います。実施する理由は次のどれですか?(複数回答)

◇「従業員の親睦」が約9割
 コロナ禍前から変わらずに実施する理由を聞いた。
 最多は「従業員の親睦を図るため」の87.0%(1,716社中、1,494社)。次いで多かったのは「従業員の士気向上のため」が53.2%(913社)と半数を超えた。 
 過去の流れを踏襲する「会社の定番行事のため」は31.9%(548社)と3分の1に満たず、時代の変化がうかがえる。
 規模別では、「従業員の士気向上のため」と「会社の定番行事のため」が、大企業より中小企業が高かった。
 「その他」は、「協力会社との交流」(管工事、資本金1億円未満)、「OBの方々への状況報告もかねて」(紙製品製造、資本金1億円未満)など。

「従業員の親睦」が約9割

Q3.Q1で「コロナ禍前は実施、今回は実施しない」と回答された方に伺います。実施しない理由は次のどれですか?(複数回答)

◇「開催ニーズが高くない」が53.8%
 コロナ禍前から一転し、今シーズンは実施しない理由を聞いた。
 最多は「開催ニーズが高くないため」の53.8%(1,003社中、540社)。次いで、「参加に抵抗感を示す従業員が増えたため」の42.2%(424社)だった。
 規模別では、開催ニーズや従業員の抵抗感を挙げる割合は、中小企業より大企業が高かった。一方、費用面を理由とする割合は中小企業が高かった。
 「その他」では、「コロナまたはインフルエンザに感染する可能性がある」(ソフトウェア開発、資本金1億円未満)など、感染症への懸念を示す声も多く寄せられた。

「開催ニーズが高くない」が53.8%



 忘・新年会のシーズンを迎える。だが、実施予定の企業は54.4%と半数にとどまった。参考値ながら昨年同時期の実施予定は38.6%(2022年「忘・新年会に関するアンケート」調査、2022年10月28日公表)だったことから、新型コロナの5類移行で忘・新年会は復調しているようだ。
 一方、「コロナ禍前は実施したが、今回は実施しない」との回答は21.8%で、「コロナ禍前は実施せず、今回は実施する」と回答した企業の18.2%を上回った。コロナ禍を経て、徐々に企業の「忘・新年会離れ」が進んでいることも明らかになった。
 「コロナ禍前も今回も実施する」企業の9割近くが「従業員の親睦」を挙げたが、社員の意識の変化もあり、忘・新年会を親睦の行事とするのは早晩限界を迎えそうだ。円滑なコミュニケーション、仕事のモチベーションアップを目論む「飲みニケーション」は、岐路に立っている。



人気記事ランキング

  • TSRデータインサイト

「雇用調整助成金」の不正受給 1,157件 3月は94件、不正受給額は累計391億円

全国の労働局が4月30日までに公表した「雇用調整助成金」等の不正受給件数が、2020年4月から累計1,157件に達したことがわかった。不正受給総額は391億4,016万円にのぼる。 前回調査から2カ月で117件増加した。不正受給総額は月間最多の74億2,393万円と突出した。

2

  • TSRデータインサイト

「早期・希望退職募集」は 27社、対象は 4,474人に 黒字企業の事業再編で増加、年齢制限ない募集も

上場企業の人員削減が加速してきた。2024年5月16日までに、「早期・希望退職募集」が判明した上場企業は27社(前年同時期20社)で、対象は4,474人(同1,314人)に達した。すでに、2023年(3,161人)の年間実績を超えており、年間1万人超のペースをたどっている。

3

  • TSRデータインサイト

4月の運送業倒産30件で前年同月から倍増 人手不足と高齢化で「後継者難」、人件費・燃料費上昇も収益圧迫

 2024年4月の道路貨物運送業倒産は、件数が30件(前年同月比114.2%増、前年同月14件)で、2カ月連続で前年同月を上回った。

4

  • TSRデータインサイト

介護事業者の倒産が過去最悪ペース 他業界の賃上げで人材流出、通所・短期入所は過去最多

相次ぐ高水準の賃上げが、介護職員の人手不足を加速させている。さらに物価高も追い打ちをかけ、2024年1-4月の「介護事業者(老人福祉・介護事業)」の倒産は51件(前年同期比45.7%増)と、同期間の過去最多を記録した。

5

  • TSRデータインサイト

約束手形の決済期限を60日以内に短縮へ 支払いはマイナス影響 約4割、回収では 5割超がプラス影響

これまで120日だった約束手形の決済期限を、60日に短縮する方向で下請法の指導基準が見直される。約60年続く商慣習の変更は、中小企業の資金繰りに大きな転換を迫る。 4月1~8日に企業アンケートを実施し、手形・電子記録債権(でんさい)のサイト短縮の影響を調査した。

TOPへ