• TSRデータインサイト

「戸建住宅」メーカー117社  売上高は5.3%増 資材高騰、人件費上昇で約6割の企業が減益

~ 全国「主要戸建メーカー、ハウスビルダー117社」動向調査 ~


 2022年度(2022年4月-2023年3月)に全国で売上高100億円を超えた戸建メーカー、ハウスビルダーは117社だった。117社の売上高合計は約7兆8,945億円(前年度比5.3%増、前年度7兆4,923億円)で、前年度から約4,000億円増加した。一方、利益は約4,027億円(同3.9%減、同4,190億円)で、前年度から3.9%落ち込み、減益企業は全体の約6割(58.9%)に達した。
 2022年度の戸建住宅の新設住宅着工戸数(持家+分譲戸建、国土交通省調べ)は39万2,453戸で、前年度に比べて7.7%減少したが、コストアップによる売上増の様相が強まり、減益企業が相次いだ。


 売上増の背景は、高付加価値化による価格上昇のほか、建築資材や物流費、人件費などの上昇に伴う販売価格の上昇が大きい。一方で、価格転嫁が追いつかず利益後退が鮮明になった。
 東京商工リサーチ(TSR)の企業データベースから、戸建住宅の建築や分譲が主力事業の企業を対象に、2022年度の売上高が100億円以上、直近3期連続で売上高と利益が比較可能な117社を抽出し、分析した。

 2023年6月の実質賃金が16カ月連続で前年割れするなかでも、実需層やファミリー層を中心に住宅需要は根強い。だが、物価高や人手不足でコスト環境が悪化し、戸建メーカーやハウスビルダーはこれまで以上に顧客に選ばれるために高付加価値を見出し、差別化への取り組みが求められている。同時に、スケールメリットやシナジー効果を遡及した提携、M&Aなども活発化することが予想される。

※本調査はTSR企業データベース(約390万社)から、戸建住宅の分譲や建築事業が主力の売上高100億円以上の企業を「主要戸建メーカー、ハウスビルダー」と定義。2022年度決算を最新期とした。調査は今回が初めて。




最新期 売上高は5.3%増 利益は3.9%減

 主要戸建メーカー、ハウスビルダー117社の最新期(2022年度)の売上高合計は7兆8,945億1,000万円(前年度比5.3%増)で、2期連続で増加した。
 戸建住宅の新設住宅着工戸数(持家+分譲戸建)は2021年度が42万5,403戸、2022年度が39万2,453戸と7.7%減少した。このため、増収は、コストアップ分の価格転嫁や、付加価値による価格引き上げが寄与したとみられる。
 ただ、最新期の利益合計は、4,026億9,400万円(同3.9%減)と減少に転じた。増収効果はあったが、コスト吸収が十分とは言えなかったことを示唆している。

主要戸建メーカー、ハウスビルダーの業績
 

売上高1,000億円以上は16社

 単体決算の売上高別の分布では、1兆円以上が1社のほか、売上高1,000億円以上が16社(構成比13.6%)だった。全国を営業エリアに展開する大手が中心で、高い知名度を誇る。
 一方、売上高100億円台は53社(同45.2%)で、半数近くを占めた。特定エリアに集中したドミナント戦略を展開し、地域内での実績と高い知名度を強みに業績を伸ばしている。

主要戸建メーカー、ハウスビルダー 売上高別

売上高 増収企業は2年連続で6割超え

 売上高の増減収別では、最新期の2022年度は増収が78社(構成比66.6%)で、減収は39社(同33.3%)だった。
 前年度(増収企業率68.3%、減収企業率31.6%)は、コロナ禍の影響から新設住宅着工戸数が大きく落ち込んだ2020年度の反動もあって、増収企業の構成比は約7割に達した。
 これに対し2022年度は、売上高の合計金額ベースでは5.3%の伸びを見せたが、増収企業は2社減少し、鈍化した。

主要戸建メーカー、ハウスビルダー 前年増減収別

利益金 減益企業が約6割に増加

 増減益別では、最新期の2022年度は増益が48社(構成比41.0%)、減益が69社(同58.9%)だった。
 前年度は増益企業数が95社と8割を超えたが、最新期は減益企業が大幅に増加し、利益環境の悪化が鮮明になっている。
 また、2022年度の赤字企業数は14社(構成比11.9%)で、前年度の4社(同3.4%)から3倍以上に増加した。

主要戸建メーカー、ハウスビルダー 対前年増減益別

業歴50年未満が約7割 新興企業も多い

 業歴別では、業歴50年未満が81社(構成比69.2%)で、約7割を占めた。このうち1980年代の創業が29社で最も多く、1990年代創業が18社、2000年代に入って創業した新興企業も20社(同17.0%)と2割にせまる。
 比較的、業歴の浅い企業が多いのが特徴で、一次取得者による住宅需要増をターゲットに、高い営業力で業績を急拡大させた企業も多い。
 一方、最も長い業歴があるのは古河林業(株)(TSR企業コード:296221481、千代田区、創業1875年)で、唯一の100年超え。古河家の初代、古河市兵衛氏が山林事業を開始したのをルーツとしている。

主要戸建メーカー、ハウスビルダー 業歴別

資本金1億円以上が6割

 資本金別では、最多は1億円以上の72社(構成比61.5%)で6割を占めた。次いで資本金5千万~1億円未満が24社(同20.5%)、1~5千万円未満が21社(同17.9%)と続く。
 売上高100億円以上の企業群だけに充実した資本力が特徴。資本金の最大は積水ハウス(株)(TSR企業コード:570101379、大阪市北区)の2,025億9,120万9,000円。

主要戸建メーカー、ハウスビルダー 資本金別

売上トップは積水ハウス 上位20社に飯田グループが6社ランクイン

 2022年度決算の売上高ランキング20社(単体ベース)では、トップが積水ハウス(株)の1兆2,038億円。ハウスメーカーのトップ企業として全国に展開し、近年は海外事業も注力している。
 次いで、住友林業(株)、(株)一条工務店など、知名度の高い業界大手が名を連ね、売上高1,000億円以上は16社にのぼる。
 上位20社では、一建設(株)、(株)アーネストワン、(株)飯田産業など、東証プライム上場の飯田グループホールディングス(株)(TSR企業コード:332448568)の連結子会社6社がランクインした。6社合計の売上高は約1兆3,000億円にのぼり、グループメリットを生かした経営を推進している。
 また、4位の(株)オープンハウス・ディベロップメント、16位の(株)ホーク・ワンを擁する(株)オープンハウスグループ(東証プライム、TSR企業コード:294451536)は2023年9月、21位の(株)三栄建築設計(東証プライム、TSR企業コード:293216029、売上高713億円)をTOBで完全子会社化する。オープンハウスグループは、これまでM&Aや積極的な広告戦略、高い営業力で成長を続けており、業界勢力図を変えるキープレイヤーとしても注目を集めている。

2022年度(2022年4月期~2023年3月期、単体ベース)売上高ランキング

人気記事ランキング

  • TSRデータインサイト

「歯医者さん」の倒産 2024年上半期は15件、前年の2.5倍に急増、過去最多ペースで推移

「コンビニより数が多い」歯科診療所の倒産が急増している。2024年上半期(1-6月)の倒産は15件(前年同期比150.0%増)で、前年の2.5倍に達した。過去20年間で最多だった2018年同期(17件)に次ぐ水準で、現状ペースで推移すると年間の過去最多(2018年、25件)を更新する可能性も出てきた。

2

  • TSRデータインサイト

2024年上半期の「介護事業者」の倒産 最多の81件 訪問介護、デイサービス、有料老人ホームがそろって急増

深刻な人手不足と物価高が介護事業者(老人福祉・介護事業)に、重しとなっている。2024年上半期(1-6月)の「介護事業者」の倒産は81件(前年同期比50.0%増)で、介護保険法が施行された2000年以降、最多件数を更新した。これまでの最多は、コロナ禍の2020年の58件だった。

3

  • TSRデータインサイト

上半期(1‐6月)上場企業の「早期退職」5,364人で年間1万人ペース、黒字企業が約6割

2024年上半期(1-6月)に「早期・希望退職募集」が判明した上場企業は36社(前年同期24社)で、前年同期の1.5倍に達した。対象人員も5,364人(同1,486人)と同3.6倍に大幅に増え、すでに2023年1年間の3,161人を上回り、3年ぶりに年間1万人超が現実味を帯びてきた。

4

  • TSRデータインサイト

2024年上半期の「ゼロゼロ融資」利用後倒産は327件 倒産の増勢を維持、高止まりで推移

2024年上半期(1-6月)のゼロゼロ融資(実質無利子・無担保融資)を利用した企業の倒産は、327件(前年同期比0.6%増)で、前年同期とほぼ横ばいで推移した。ただ、2023年下半期(7-12月)と比べて17件増加しており、増勢ペースが続いている。

5

  • TSRデータインサイト

上半期の「学習塾」の倒産 過去最多の26件 少子化のなか新規参入が相次ぎ、競争が激化

2024年上半期(1-6月)の「学習塾」倒産は26件(前年同期比18.1%増)で、2000年以降の上半期では2012年の23件を超え、過去最多を記録した。 これまで学習塾の倒産は中小企業が中心だったが、大手塾にも広がってきた。

TOPへ